津田大介×長澤秀行×大元隆志×梅木雄平 第2回 「社員一人ひとりがソーシャルメディアを使って情報発信するインバウンドマーケティングの時代」
Social Media Week Tokyo 特別座談会
〔左から〕津田大介さん、長澤秀行さん、大元隆志さん、梅木雄平さん

第1回はこちらをご覧ください。

コミュニケーションのプラットフォーム

津田 梅木さんは、フリーランスになると決断されてからずっと今まで仕事をされてきて、やはりお仕事の新規の依頼というのは、ソーシャル経由のものが多いんでしょうか? それとも、人とのリアルのつながりからの紹介みたいなものが多いんですか?

梅木 いちばん可能性が高いのは、私のブログをご覧になっていただいた方がFacebookやTwitterでシェアをしていて、それを見た私の知り合いが「あ、こいつ知っているよ、興味があったらつなごうか?」というケースですね。そういうふうに最初にブログ経由で興味を持っていただいて直接の知り合いにつないでもらうという形が多いと思います。

津田 Facebookが有効に機能するわけですね。

梅木 そうですね。あとは、私の場合けっこう戦略的にやっているのが、自分が知り合いたいと思う人のことをあえてブログで取り上げるんです。向こうからすると、事前に何もつながりがないのに勝手に取り上げてくるということで、ちょっとテロのような感じなんですが(笑)、それで向こうがご興味を持ってくださって、実際にお会いして仲良くなった、というケースもいくつかあります。

津田 そこから仕事につながっていくということもある、と。ある意味で言うと、ソーシャルメディアやブログというものがなければ、フリーランスになるという決断自体も遅くなった可能性もあるということですね。

 昔はいわゆる自分の専門分野というものを作ってそれの評論家なりコンサルティングなりというものをやって、周辺領域で商売した。まずは出版社から本を出したり、それで専門家としてテレビに出るなり、セミナーみたいなものをやって知名度を上げていって、それによって仕事が出てくるという感じだった。梅木さんはそういうスタイルではないですよね?