雑誌

たった8秒で楽々と最新加圧ダイエット
---1週間で3kg痩せます

週刊現代 プロフィール

 ポージングの種類は他にもたくさんあるが、これらすべてを8秒ずつ行っても、全部でたった1分弱で済んでしまう。

 太っている人ほど脂肪が多いので筋肉ができやすい。そのため、1週間で3kg近く痩せることもあるという。

 血流を適切に制限して運動すると、なぜ効果的に痩せることができるのか。そのメカニズムについて、佐藤氏が解説する。

「加圧は、新陳代謝を活発にする成長ホルモンを短時間で大量に分泌させることができるため、ダイエットに大変有効なのです。

 筋トレなどの運動をして筋肉を使うと、疲労物質である乳酸が分泌されます。すると、脳は疲れを和らげるため、乳酸を処理する働きを持つ成長ホルモンを出します。

 通常、筋肉内に発生した乳酸は血流に乗って拡散されます。しかし、加圧して血流を適切に制限している状態では、乳酸も流れ出ていくことなくどんどん蓄積されていきます。そして、それに比例して大量の成長ホルモンが分泌されるため、新陳代謝が良くなり、脂肪が燃焼しやすくなるのです。

 成長ホルモンの分泌は、25歳を境に減少していき、40代、50代になるとかなり減ってしまう。ところが、加圧すると、何歳であろうと、若い時と同じか、それ以上に成長ホルモンを出すことができる。これが、加圧メソッドの最大の特徴です」

内臓脂肪から燃やす

 加圧トレーニング後の成長ホルモンの分泌量は、なんと安静時の290倍まで上がることもあるという。しかも、加圧ポージングの場合は、それぞれの筋肉にもっとも負荷のかかるポーズで力を入れ続けるので、より多くの乳酸と成長ホルモンが分泌され、最短時間で最大限の効果が引き出せるようになったのだ。

 その効果は、見た目にだけ現れるものではない。佐藤氏が続ける。

「多くの人は皮下脂肪ばかり気にしていますが、まず内臓脂肪が落ちないと、きちんと痩せることはできません。だから、たとえ一生懸命に塩もみや腹筋をしたとしても、内臓脂肪には影響を及ぼさないので、下腹の皮下脂肪を急激に減らすことはできないのです。

 健康を考える上でも、最も注意しなければならないのはやはり内臓脂肪です。糖尿病や高血圧といった生活習慣病などを引き起こすからです。加圧トレーニングは、まず内臓脂肪から燃焼させ、次に皮下脂肪を燃やしていく。きちんと順を追って体脂肪を燃焼させていくので、見た目だけでなく、内側からも健康になることができるのです」

 今、加圧トレーニングをより多くの人に実践してもらえるよう、佐藤氏は新たな取り組みを始めた。