猪子寿之×安藤美冬 【第3回】
日本再生の鍵は、個人の自由を尊重する合理的かつ寛容な社会になること

猪子寿之さん(チームラボ株式会社代表取締役)と安藤美冬さん(spree代表取締役/フリーランス)

第2回はこちらをご覧ください。

安藤: まさか、「教育」がテーマにはじまったこの対談が、同性愛者の話題で盛り上がるとは想像していませんでしたが・・・。猪子さんご自身のお話に戻したいと思います。どうしたら、そんな"ぶっ飛んだ"発想が次から次へと出てくるんですか? 猪子さんの発想法にも興味があります。

 このあいだチームラボにお邪魔したら、社員さんも300人ぐらいいらっしゃって驚きました。立派な企業じゃないですか。ご自分で経営面まですべてケアされているんですか? 「経営」というある意味で非常に左脳的なお仕事と、「表現」という右脳的なお仕事の間に立って、頭の中の切り替えをどうされているのか、是非、伺いたいです。

猪子: いや、ほら、森に経営者はいないじゃないですか。でも森は成り立ってるじゃん。だから大丈夫なんじゃない? きっと大丈夫なんだよ。

安藤: 確かに、森に経営者はいないですね(笑)。猪子さん自身でも、社内における組織運営といったマネジメントの部分は手がけていらっしゃるのですか? たとえば人事とか。

猪子: まったくできない。

安藤: 定例会議はあるのでしょうか。

猪子: 定例会議は、出れない。

安藤: それでも300人規模の会社を経営できてるっていうのはすごいですよね。

猪子: 経営はできてない。ほとんど潰れかけてるよ、常に(笑)。