[サッカー]
大野俊三「五輪から見えた日本サッカーの課題」

 五輪を戦った男女の代表選手とスタッフのみなさん、お疲れ様でした。なでしこは決勝で米国に惜敗し、金メダルとはなりませんでしたが、日本女子初のメダルを獲得。男子もメダルには届かなかったものの、世界4位です。大会を通じて、日本サッカーのレベルの高さを世界に示せたのではないでしょうか。

なでしこ、今後のカギは“大型化”

 まずは、なでしこの戦いぶりを振り返ってみましょう。昨年のW杯同様、素晴らしかったのは組織として統率のとれた戦い方や、リードされても最後まで諦めないメンタルの強さです。全員で辛抱強く戦うサッカーが、なでしこのスタイルとして確立されていると改めて感じました。

 W杯女王として対戦相手に警戒されたなか、決勝まで勝ち進み、米国と互角以上に渡り合った点は、銀メダルとはいえ立派です。佐々木則夫監督をはじめ、日本女子サッカーが継続してスタイルを磨き上げてきた成果が史上初のメダルとして実ったと強く思いました。

 ただ、今後も世界のトップを争い続けていくためには、改革が必要なのも事実です。それは選手の大型化。いくら組織で戦っているとはいえ、試合のなかでは個人の力で局面を打開しなければならない場面があります。ゴール前でのポストプレーや、パスコースがないときにドリブルで仕掛けるなど、今のなでしこには、ここぞという時の体格の強さ、突破力がまだ足りません。

 今回の五輪では、フランス、ブラジルの大柄な選手たちが、なでしこのような細かいサッカーを展開する場面もありました。まだまだ荒削りとはいえ、これによって相手のペースになってしまった時間帯が生じたのも事実です。率直に言って、内容的に日本は「よく凌いで勝ったな」という面があることは否めません。次のW杯、リオデジャネイロ五輪に向けて、なでしこはさらに研究されるでしょう。より細かいサッカーを他国が磨いてきた時、日本はどう対処すべきか。フィジカルの強さでも相手と互角以上に渡りあえるような選手の育成、発掘をしていく必要があります。

 現時点で、そのモデルとなるのは大儀見優季(ポツダム)です。技術でもフィジカルでも世界と勝負できる彼女のような選手をもっと育てていくべきでしょう。なでしこらしいサッカーを継承しつつ、フィジカルの強化、大型化を目指す。これが今後の課題になっていくと思われます。