Digital Experience! TOP>現代ビジネス>市川裕康「デジタル・キュレーション」
市川裕康「デジタル・キュレーション」
2012年08月17日(金) 市川 裕康

ソーシャルメディアが社会の課題を解決する! 拡がる「ソーシャルグッド」の潮流

FastCompany 掲載記事(2012年8月8日)中の動画より

 「ソーシャルメディアのサービスが社会課題の解決に大きな役割を果たすのではないか」ということは、今日、すでに多くの場所で議論されるようになってきました。

 今回は偶然同じ週に目に留まった、こうしたソーシャルメディアにより社会をよくしようと試みる潮流についての記事を2点、紹介したいと思います。

主要ソーシャルメディア・サービス幹部による「ソーシャルグッド」座談会

 まず1つ目の記事は、ビジネス雑誌FastCompanyの最新号に掲載されたもの。主要ソーシャルメディア・プラットフォーム5社(フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、リンクトイン、ジンガ )の非営利活動やフィランソロピー活動をリードする幹部スタッフの座談会のレポートです。

●「"Important Power Players Assemble To Discuss How Social Media Can Be Used For Good"(主要プレーヤーによる座談会:社会によいことのためにソーシャルメディアをどのように活用しうるか)」 FastCompany 2012年8月8日

 なぜこの記事を取り上げたかというと、私が記憶する限り、こうした主要プラットフォーム・サービスのフィランソロピーや社会貢献活動に権限を持つ幹部スタッフが一同に会して会話が行われる様子を、今までに見たことがなかったからです。

 中東における民主化運動(アラブの春)や、ハイチや日本の自然災害の際に、それぞれのソーシャルメディア・プラットフォームサービスがどのような役割を果たしたか、また、今後の方向性はどうなるのか。座談会の動画を通じてそれらの具体的な様子が伝わってきます。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking