[パラリンピック]
佐藤真海(走り幅跳び)「世界を広げた競技用義足」

 2004年のアテネ大会。日本人女子の義足選手として初めてパラリンピックに出場したのが走り幅跳びの佐藤真海だ。走り幅跳びを始めて約1年。彼女にとっては初めての国際大会でもあった。最終の6本目で自己ベストを3センチ更新。しかし、あとわずか3センチで決勝進出を逃し、結果は9位に終わった。「もっともっと強くなって、必ずパラリンピックの舞台に戻ってこよう」。佐藤のアスリート魂に火がついた瞬間だった。

 彼女が骨のガンである骨肉腫を発症したのは2001年。憧れだった早稲田大学で応援部チアリーダーズに入り、まさに学生生活を謳歌していた最中のことだった。翌年の春、右足ヒザ下を切断。半年後には退院し、復学した。だが、チアリーダーとして応援部に戻れるわけでもなく、片足を失ったショックはあまりにも大きかった。

「スポーツでもやらないと、私、ダメになるな」。元来、体を動かすことが大好きで、小学校時代は水泳、中学、高校時代は陸上をやっていた。スポーツはものごころついた時からいつも身近な存在だった。そのスポーツに佐藤は救いを求めた。まず最初に始めたのは水泳だった。
「当時、選択肢は車椅子競技か、水泳だったんです。それで一人でもできて、体にも負担がかからない水泳を選びました。恐る恐る泳いでみると、私の体は泳ぐことを覚えていました。そのことがすごく嬉しくて仕方なかったのを今でも覚えています」

 しばらくすると、大会に出場するようになった。すると、眠っていたアスリートの血が徐々に騒ぎ始めた。この頃出会った早稲田大学の先輩である河合純一の存在も、その後の佐藤の人生に大きく影響している。
「どうせやるなら目標が欲しいなと考えた時に“そういえば、パラリンピックがあるな”と思ったんです。それでインターネットでいろいろと調べていたところ、河合さんのことを知りました」

 河合はバルセロナから5大会連続でパラリンピックに出場し、金5個、銀9個、銅7個の計21個ものメダルを獲得した世界を代表する競泳選手だ。当時もバルセロナ、アトランタ、シドニーで活躍しており、佐藤にとってはまさにスーパースター。その河合と話をしたり、一緒に練習を繰り返すうちに、佐藤のパラリンピックへの思いは強くなっていった。
「河合さんは障害を持っていることを卑下せずに、自分に自信をもって、常に世界を目指している。そういう姿勢や生き方をしている河合さんが目指すパラリンピックという世界を見てみたいなと思いました」