upperline
〔左〕出井伸之氏(元ソニーグループCEO/現クオンタムリープ代表取締役)、〔右〕吉田和正氏(インテル代表取締役)

磯山: 本日は「グローバル市場のなかでどんなトップリーダーを作っていくか」という条件についてのお話ということで、人作り、あるいは未来を目指して日本がどう変わっていくべきか、ということを、出井さん、吉田さんにうかがっていきたいと思います。

 まず出井さんに現状認識のお話を簡単にしていただきます。そのあと吉田社長に10分間ほどお話をいただくという段取りで、話の口火を切っていきたいと思います。では、出井さん、よろしくお願いします。

XYZとABCのスパイラル

XYZ戦略とABC戦略 図解
拡大画像表示

出井: まず最初にこの図をみてください。この図ではXYZというのとABCというのがあるんですが、現在の延長線上でいくというのがXYZで、変わりたいというのがABC。すべての組織はこの二つのせめぎ合いになっているんですね。

 ですから、ある意味では過去の成功体験がXYZです。皆さんの会社のなかでも、XYZをやっている人とABCをやっている人がどれくらいの割合でいるかというのを想像してください。おそらく、完全にXYZの人が多いと思うんですよ。

 その中で、いちばん変わらなければいけないと僕が思っているのは社長なんです。社長がスタッフに「わが社は変わっていかなければいけない」と言って新規事業戦略やそういう組織を作ったりすれば、実際にXYZとABCの間で大転換が起こってくるわけです。

 これは本来は連続線上で続いていくんですね。この二つがスパイラル状になっている。ABCというかつての新ビジネスがだんだん古くなってくるとXYZになって、またそこからABCが起きて、というところなんですね。

 たとえば日本の内閣が考えていることを見ていると、ほとんど全部がXYZです。消費税を10%上げようというのは、「過去の延長線上の数字によると10%上げればかなり財政赤字が解消できる」ということです。本当のバリューを作るなら日本が変わっていかなければならない。ABCがなければいけないということになりますが、その話はあまり出ていないんですね。

次ページ  そこを批判するのは簡単なんで…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ