経済の死角

まるでサウナ!熱中症でダウンする作業員が続出する現実を告発する 体感温度50℃!フクシマ原発「地獄の作業現場」

2012年08月10日(金) フライデー
friday
upperline
気温30℃を超えると、作業員の顔からは汗が噴き出し、マスクはすぐに曇ってしまう。建屋内では通常の防護服に加え、重さ13㎏の空気ボンベを背負って働くことも

 連日続く猛暑。福島第一原発の作業員たちも、この酷暑の中で過酷な作業を強いられている。東京電力の下請け企業で働く40代のA氏が、悲惨な状況を明かす。

作業を終え、休憩所で着替えをする作業員たち。汗でびしょ濡れになり、彼らの多くが休憩のたびに下着も交換している

「強烈な日差しと、30℃を超える暑さの中、作業員は全面マスクに完全防護服という姿で働かなくてはなりません。

 通気性はほとんどなく、服の内部はサウナのような凄まじい状態で、体感温度は50℃を超えます。15分も動いていたら、体中汗だくです。意識は朦朧とし、マスクのシールドは熱気で曇り、視界はどんどん狭まります。

新鮮な空気や冷たい飲み物が欲しくてたまらず、気が狂いそうになることもあるんです。まさに地獄ですよ」

 A氏の証言は、決して誇張されたものではない。

 7月29日には3号機の瓦礫の撤去をしていた二人の作業員が、熱中症の症状を訴え救急搬送された。6月からの2ヵ月間で10人もの作業員が熱中症や脱水症で倒れているのだ(7月31日現在)。

だがA氏は「実際に暑さでダウンする作業員は、その何十倍もいる」と語る。

次ページ 「確かに、午後2時から5時まで…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事