[BCリーグ]
新潟・青木智史コーチ「後期も続いている打線好調の理由」

 後期に入り、新潟アルビレックスBCは12試合を終えて10勝2敗(7日現在)と、好調を維持しています。正直、前期からは少し落ちるかなと思っていたのですが、個々の選手が前期と変わらず努力してくれており、特に打線は活発でチームトップの打率、打点をマークしています。

 打線好調の要因は、打席での気持ちの持ち方にあります。昨年、橋上秀樹前監督(現・巨人戦略コーチ)には野球に対する考え方や、打席の中での考え方など、野球の基礎を指導していただきました。それを実践できていることが結果につながっているのです。また、高津臣吾監督も「結果に対して臆病になるのではなく、どういうふうに考えて打席に立つかが大事」と言ってくれているので、選手たちはいい意味での“割り切り”ができ、打席でのプランニングをそれぞれがきちんとできています。

 高津監督は投手からの視点で、選手たちにいろいろとアドバイスをしてくれます。一方、橋上前監督は野手からの視点で、話をしてくれました。一見、違う内容のように思えるかもしれませんが、その土台となるものが同じため、チームとしての考え方にブレがありません。選手たちが迷いなくプレーできているのは、そのことが非常に大きく影響しているのではないかと思います。

 さて、7日現在、リーグトップの45打点を挙げ、勝負強さを発揮しているのが平野進也(東福岡高-武蔵大)です。彼は今や不動の2番です。とは言っても、彼に小技を求めているわけではありません。1番・野呂大樹(堀越高-平成国際大)が高い出塁率をマークしていますから、2番打者にはヒットでつなぎ、無死一、二塁、無死一、三塁とチャンスを広げて欲しいのです。そこでライト方向に打つことができ、さらには逆方向に長打の打てる平野を、高津監督は2番に起用しているのでしょう。

 昨季は入団1年目ということもあり、平野には遠慮していた部分も見受けられました。しかし、今季は自分らしさを出そうと、積極さが見られます。その背景には新人選手の存在があります。正捕手を狙う森下慶彦(神奈川工業高-神奈川工科大)と中溝雄也(川和高-明治学院大)です。現在は平野が試合に出場していますが、森下も中溝も、なんとか平野から正捕手の座を奪い取ってやろうという気持ちを前面に出しています。だからこそ、平野もウカウカしていられないとプレッシャーを感じていることでしょう。それがプラスとなって成績にも表れているのです。

 また、リーグトップの打率3割7分6厘をマークしているのが稲葉大樹(安田学園高-城西大-横浜ベイブルース)です。毎年のようにNPB入りが期待されている稲葉ですが、これといったアピールポイントが弱いということがありました。しかし、今季は打撃で十分にアピールしています。プロの関係者からも、「彼のバッティングコントロールはプロでも十分に通用しますよ」という声もあがっており、今後も自信をもってアピールしていってほしいと思います。あえてひとつあげるとすれば、足も決して遅くはありませんので、盗塁数を増やすなど、もっと走塁面に意欲が出てくると、さらにいいアピールになるでしょう。