upperline

 大阪のキタやミナミの繁華街を歩いていると、飲食店の店頭でときどき見かける謎の貼り紙“キムラ君はじめました"。“いました"ではなく“はじめました"という「キムラ君」とは何者なのか調査してきました!

関西圏の130店舗以上が「キムラ君」に参加!

「キムラ君」メニューを置いている店の証が、この貼り紙。店頭やメニューに掲示される

 この“キムラ君"。タネを明かすと、キムチとラー油を使えばいいというゆる~いルールのメニュー名。もともとは、食べるラー油ブームが定着し始めた頃、讃岐うどん店「釜たけうどん」の店主・木田さんが名物メニューになるのでは、と試作を重ね、完成させたもの。

 さらにキムチとの好相性ぶりとキムラ君というネームミングに面白さを感じ、周囲の飲食店主たちにも「同じタイミングで"キムラ君"という名前のメニューを出しませんか?」と声をかけた。おかしなことをしていると盛り上がればと、4店舗で開始したのが'11年5月4日。これをローカルのテレビ番組や新聞、雑誌が取り上げたことで、ブームに火がついた。

 "商標とか主張しないので、いろんな飲食店でキムラ君にチャレンジして欲しい"と語ったところ、自分たちもキムラ君をやりたい、との連絡が入り始め、'11年7月ごろには130店舗以上で提供することに。木田さん自身も夏の終りまでの限定メニューと考えていたが、気がつけば年末になっても注文が続く日々。

 そして、今年4月28日、2年目を機に仕切り直しを提案したところ、すぐに30店舗以上で'12年版の新作キムラ君を用意。また、「釜たけうどん」のあるなんばグランド花月の裏のエリアが“ウラなんば"と呼ばれるようになるなど、新たな盛り上がりを見せている。

発案者に直撃! ちょっとした思いつきがスゴイことに

"キムラ君"という我ながら良いネーミングが出来たので、近所の「鉄板野郎」さんと「ラーメン」さん、「にと」さんの4店舗ではじめたんです。そしたらすぐにテレビ番組が取り上げてくれて、どんどん広がっていきましたね。"キムラ君はじめました"の貼り紙も、ウチで作ってダウンロードできるようにしたんです。

次ページ  冷水でしめたうどんに豚肉、キ…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事