世界のどこからでもエリート校の講義が受けられる! 「Coursera」による高等教育のフリーアクセス化
高等教育のためのオンラインプラットフォーム「Coursera」公式サイトより

誰もが「無料」で一流大学の講義を受けられる

 一流大学の講義を世界中どこからでも無料で受けられる教育オンラインプラットフォーム「Coursera」が創設されて約1年。「高等教育のフリーアクセス」を目指し、米スタンフォード大学のAndrew Ng、Daphne Koller両教授によって立ち上げられたこのプラットフォームには、同大学をはじめ、ミシガン大学、プリンストン大学、ペンシルバニア大学など米国の一流大学が参加。これまでに、理工系分野を中心に43の講義コースが提供され、190ヵ国で68万人が受講しました。

 「Coursera」の最大の特徴は、正規の学生が受けている大学の講義と同じ内容をオンラインにて無料で受講できる点です。講義は1週間単位で構成されています。受講生は毎週、講義のポイントをまとめた動画と読み物で自主学習し、課題レポートを提出する、

 という流れになっています。

 「Coursera」は、受講生が自分のペースで無理なく学習が継続できるよう、講義用コンテンツにも工夫をこらしています。たとえば学習用の動画は、受講生の集中力が持続できる10~15分単位に分割されています。各動画には、担当教授からの一方的なレクチャーだけでなく、インタラクティブな小テストなども盛り込まれているので、自分の理解の度合いを確認しながら学習を進めることができます。

 また、オンラインネットワークを通じて、受講生同士の積極的なコミュニケーションも推進しています。互いの課題レポートを採点し、フィードバックを与え合うといったように、受講生が仲間をサポートし、励ます仕組みを作ることによって、学習意欲や習熟度を高めさせようとしています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら