雑誌
ムカつく相手はネットで写真公開、校門前で威嚇 大津いじめ自殺事件とネット社会の病理 いじめたヤツをいじめる、この国よ

「加害者の人権をなぜ守るのか」事件のたびに巻き起こる議論だ。だが、いまネットに氾濫している書き込みは議論ですらない。「加害者は死んでいい」と主張して、反対者にも総攻撃を加えるのだ。

被害者祖母の声を聞こう

 滋賀県大津市で起きた中学2年生いじめ自殺事件。被害者の少年(13歳)の祖父母は市内で銭湯を営んでいる。いじめの加害者に恐喝されたカネの大半は、孫かわいさで祖父母が渡したものだと言われる。

 地域に唯一残された銭湯の番台に座る祖母は、言葉少なにこう語った。

「近所の人は大変やなって心配してくれるけど、こうやって商売しないと生活でけへんから、仕方なしや。(マスコミには)なんにも言うなと言われてる。

 先生がな・・・・・・、知っててな・・・・・・、なんであんなかわいそうなことに・・・・・・(肩を落として涙ぐむ)」

 少年は自宅マンションの最上階(14階)から飛び降りて自殺したと見られる。同じマンションに住む女性住民が言う。

「あの朝、高校生の子供を見送って、仕事に出ようと家に鍵をかけたところで、ドスッ!って大きな音が聞こえた。てっきり国道で事故でもあったんやと思って下に降りたら、広場にあの子が仰向けに倒れてた。目は開いたままでね・・・・・・。隣にはあの子の双子のお姉ちゃんが、涙をポロポロこぼしながらしゃがんでた。

 小さい頃からふざけるのが好きで、やんちゃでね。『なにしてんの!』って頭叩いて叱ったこともあります。あんな明るい、面白い子が、なんであんなことになったんか・・・・・・」

 これらはいずれも、本誌記者が現場を歩き、直接聞いた肉声である。

 祖母は最愛の孫を失い、憔悴しきった様子で番台に座っていた。交替で銭湯に現れた祖父にも声をかけたが返事はなかった。つらいけれども、商売しないと生活ができない。切実さが伝わってくる姿だった。

 一方で、この国にはいまこんな言葉が溢れている。

〈クズをはびこらせるな。奴らは同じ人間じゃない〉

〈屑の親の遺伝子から屑の子ができたんだな〉

〈加害者家族まじで追い込めや〉

〈犯罪者庇う国ってなんだよ。人の人権奪っといて自分の人権守ろうなんざ甘いんだよ〉

〈親も死ねばいいのに〉