経済の死角

「私も鉛カバーで線量計を偽装させられました」フクシマ原発作業員が本誌に激白!「仕事がなくなるだろ、と言われて・・・」

2012年08月05日(日) フライデー
friday
upperline
大部屋での人ごみを嫌い、ロッカールームで休む作業員。ここでも毎時0.019ミリシーベルトという、高い線量を測定した〔PHOTO〕桐島 瞬
高線量の免震棟1階で休憩する下請け企業の作業員。小学校の体育館ほどのスペースに、200人以上の作業員が横になっている

 事故の収束メドが見えない福島第一原発で、7月21日に衝撃の事実が発覚した。福島県の中堅建設会社『ビルドアップ』の役員が、9人の作業員に、被曝量をごまかすため鉛でカバーした偽装線量計を持たせていたというのだ。昨年11月、汚染水処理システムのホースを保温材で巻く作業前のことである。同社の社長・和田孝氏は、マスコミ各社の取材に対し「(役員から)一度だけ鉛カバーを使用したと聞いた」と事実を認め、謝罪した。

 だが鉛カバーは、『ビルドアップ』社だけの問題ではない。「私も鉛で覆われた線量計を持って仕事をした」と明かすのは、東京電力の孫請け企業A社で働く作業員X氏(30代)だ。A社の年間の被曝上限量は50ミリシーベルト。X氏は7月上旬に上司に呼ばれ、こう告げられた。

「『お前が浴びた線量は、これまでに30ミリシーベルトを超えているよな。上限を超えたら、仕事ができなくなる。そんな作業員がいることが分かったら、元請けに契約を打ち切られてしまうんだよ』。そう言われて、渡されたのが、厚さ5mmほどの鉛で覆われた線量計でした。線量計は携帯電話ほどの大きさで、防護服の下に着るシャツの胸ポケットに入れて作業しなければなりません。上司が言うには、鉛で覆うと計測線量は実際の半分以下になる。『お前も仕事を失いたくはないだろう』と説得され、私は渋々それを持ち、放射線量の高い、汚染水処理の作業現場に向かいました」

 X氏はそれ以来、しばらく偽装線量計を使わなかった。だが7月中旬に起きた一件で、状況は再び変わる。

次ページ 「その日は瓦礫を取り除く作業を…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ