[サッカー]
大野俊三「エジプト戦はセットプレーに気をつけろ!」

 ロンドン五輪でU-23日本代表が見事、ベスト8進出を果たしました。戦前はグループリーグ(GL)突破も厳しいとの声もある中、2勝1分で首位通過。なぜ、ここまで快調な戦いができているのか。それは、初戦のスペイン戦勝利に尽きると思います。優勝候補相手との一戦でチームがひとつになり、結果も出したことで選手たちは大きな自信を手にし、波に乗りました。

守備の確立が導いた大金星

 スペイン戦勝利の要因は守備の確立にあります。お互いに静かな立ち上がりの中で、日本は組織的に連動して守り、相手に先取点を許しませんでした。まず、前線から積極的にプレスをかけ、スペインのDFとMFに、パスの出しどころを見つけさせない状況に追い込んだことが大きいでしょう。

 特にFW永井謙佑(名古屋)のプレッシングは、スペインのDFラインを非常に苦しめていました。 スピードと運動量の多さで、相手のパスコースを2つくらい消していたと思います。スペインにとっては最も厄介な選手だったに違いありません。

 前線からプレスをしっかりかけるには、ボランチを含めた守備陣の協力が不可欠です。彼らがディフェンシブサードにスペースを与えていないからこそ、相手はパスの出しどころが簡単に見つけられず、永井たちがプレスをかける時間ができました。これでは、たとえパスを出せたとしても、守っている側が簡単にクリアできるようなボールになってしまいます。この前線からのプレスとスペースを与えない守備は、3試合をとおして変わっていません。日本はこの守りを確立できたからこそ、3戦連続無失点という結果を残せているのです。

 もちろん、オーバーエージで補強したDF吉田麻也(VVV)、DF徳永悠平(FC東京)の働きも、さすがの一言です。A代表を経験している彼らは的確なポジショニングで危険なスペースを消し、体を張った泥臭い守備ができます。プレー以外でも周りの選手を鼓舞し、若い選手たちの特徴を押さえつけることなく、うまくチームをまとめていると言えるでしょう。

 準々決勝で当たるエジプトは、アフリカのチームらしくスピードと高さを生かしたサッカーを展開してくるでしょう。ただ、チームの連動性は日本のほうが上です。ですから、GLの戦いで見せたように、しっかりと守備を構築すれば、流れの中で崩される場面は少ないでしょう。

 気をつけなければいけないのは、セットプレーです。エジプトとは5月のトゥーロン国際大会で対戦し、2-3で敗れています。3失点のうちの2点はセットプレーから奪われたものでした。セットプレー対策の鉄則は、「1対1に負けない」ことに尽きます。マークについた選手とのポジショニング争いを制する。たとえ競り負けたとしても、体を寄せて簡単にボールに触らせない。この2点を徹底してほしいですね。

 そして、巡ってきたチャンスを確実にモノにすることも重要です。GLでは多くのチャンスを決めきれず、相手を突き放せないシーンが目立ちました。決勝トーナメントは負ければ終わりの一発勝負です。

 お互いにリスクを最小限にした戦い方をとることが予想されます。決定機はGLの戦い以上に少なくなるでしょう。いくら守りが安定していても、ゴールを奪わなければ勝ち上がることはできません。前線の選手だけでなく、チーム全体がミドルシュートやセットプレーなどを使って、得点への意識をさらに高める必要があるでしょうね。