何が金メダル数を決めるのか!? ロンドン・オリンピックでの日本の金メダル獲得数を予測してみた
〔PHOTO〕gettyimages

 ロンドン・オリンピックが27日に開幕した。8月12日まで競技が行われる。筆者はスポーツが大好きなので、これから寝不足になる日が続きそうだ。そういう人も多いだろう。日中は暑く、オリンピックによる寝不足も重なる。健康管理には十分に気をつけたいものだ。とはいえ、どうしてもテレビに釘付けになってしまうのだが、オリンピックの醍醐味はなんといっても日本選手の活躍である。男子サッカーのスペイン撃破は日本選手団に勢いをつけたはずだ。

 昨年行われた世界選手権で、柔道、レスリング、体操、陸上の五輪実施種目と、女子サッカーのワールドカップで計12個の金メダルを獲得した。オリンピック前年の世界選手権の成績は、オリンピック本番の先行指標としてはすぐれているので大いに期待できる。それらの種目以外でも、セーリング、水泳などで金メダルが期待できる。

 日本オリンピック委員会(JOC)は、ロンドン・オリンピックでの金メダル獲得数世界5位以内を目標としている。これは最低でも15個以上必要な高いハードルだ。上に見たように、あれもこれもと個別競技を思い浮かべると「ひょっとしたら」という気分は高揚して、ワクワクしてしまう。ただ、筆者は、スポーツ解説をするには役不足なので、まったく違ったアプローチからロンドン・オリンピックでの日本の金メダル獲得数を予測してみよう。

金メダル数とGDP総額の相関係数は0.73

 何が金メダル獲得数を決めるのか。どの競技での金メダルなのかを考えなくてもいいということであれば、過去のデータから、その国のGDP総額でだいたいの数が決まるといっていい。じつはこれにはタネ本がある。

 米国で定番教科書になっているマンキュー の『マンキュー入門経済学』だ。それには、オリンピックにおけるメダル獲得数について、「世界クラスの選手を生み出す一国の能力を測る最善の尺度がGDPの総額であることを発見した。GDPの総額が大きいことは、それが1人当たりGDPの高さによるものであれ、人口の多さによるものであれ、より多くのメダルをもたらす」と書かれている。