[障害者スポーツ]
伊藤数子「国枝慎吾に見るスーパースターのあるべき姿」

 パラリンピック連覇に向けて、いよいよこの選手が本領を発揮し始めました。4年前の北京パラリンピック、シングルスで悲願の金メダルに輝いた車椅子テニスプレーヤー・国枝慎吾選手です。国枝選手は昨年9月の全米オープンで4連覇を果たして以降、ヒジの故障に悩まされ続けてきました。今年2月には手術に踏み切り、リハビリを経て、ようやく5月のジャパンオープンで実戦復帰を果たしたばかり。ロンドンに間に合うかどうか、不安の声もあがっていましたが、今月には3大会連続優勝を達成し、本番に向けてどんどん調子を上げてきています。ロンドンで再び、センターポールに日の丸を掲げてくれることでしょう。

 私が国枝選手の強さを最も感じたのは、2010年11月に行なわれた世界マスターズの準決勝で敗れ、07年から積み上げてきた連勝記録が107でストップした時です。その時のブログにはこう書かれていました。
<(前略)久々の敗戦なので、もちろんショックです。結構、ズッシリきています。あー、負けたか。って。ただ正直なところ、連勝を続けていくのも少し辛かった。何連勝とかこだわりは無かったけど、近年は心のどこかで「勝たなければ」という意識が働いていたようにも思います。試合も「負けない」テニスをするようになっていたというか。だから結果には表れないけど、自分の中で納得のいくプレー、やりたいプレーの割合は以前より少なくなっていた気がします。重荷が少し取れて、あー、負けたか。の後に「でもこれで良かったのかも」ってすぐに出てきました。忘れかけていた挑戦者になるときは今しかない。(後略)>

 このブログを読んだ時、私は「忘れかけていた挑戦者になるときは今しかない」という言葉に、国枝選手の“覚悟”を感じました。そして今、再びその“覚悟”が国枝選手にはあるような気がしてならないのです。ヒジの故障後、復帰戦となった今年5月のジャパンオープンではベスト4という結果でした。さらに6月の全仏オープンでも同じ相手に決勝で敗れ、準優勝……と、なかなか優勝に手が届きませんでした。手術して半年も経たないわけですから、脅威的な回復力です。しかし、国枝選手にとってはどんな状態でも負けは負け、悔しさは変わらないはずです。

 10年に連勝がストップし、改めて「挑戦者」を意識できたことで国枝選手はそれまでにない新たな力を獲得しました。そして、ロンドンパラリンピックを1年後に控えた昨年、ヒジを故障し、実戦から離れ、さらに手術にまで至ったことは、国枝選手をより大きな挑戦者にしたはずです。

 今、国枝選手は勝ちに飢えている状態です。フレンチ、スイスと連覇をしたものの、世界ランキングは3位(2012年7月19日現在)と、まだ世界チャンピオンには返り咲いていません。しかし、パラリンピックで金メダルを獲得すれば、「やっぱり、国枝は強い」と認められるはずです。そして、彼自身もようやく“復活”の時を迎えます。だからこそ、国枝選手は何が何でもロンドンで金メダルを獲りにいくことでしょう。勝利への欲望が強い挑戦者の国枝選手は、北京以上の強さを見せてくれると私は信じています。