永田町ディープスロート

散髪代は「うなぎ登り」
野田総理が突如
高級理髪店に通いだした

2012年07月30日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline
これが1万円のヘアスタイルだ[PHOTO]gettyimages

 就任当初は10分1000円の激安理髪店を利用して庶民派をアピールしていた野田佳彦総理が、最近は高級理髪店を利用するようになっているという。

 月に一度のペースで散髪する野田総理。7月8日、潘基文国連事務総長との面会を終えた総理が向かったのは、首相官邸近くのキャピトルホテル東急内にあるヘアサロン「カージュラジャ ティアド」。エステやスパの設備を備えたサロンで、カットの基本料金は1万3800円、それもカットのための個室が用意されているという高級店だ。

 大手紙の元総理番によると、「就任後、総理が訪れる理髪店は、徐々にランクアップしている」という。

「昨年11月に、1000円カットから新宿パークタワー内にある料金4515円の中流店に変えたかと思うと、今年4月にはホテルニューオータニ内にある『ヘアサロンONO』(基本カット料金8400円)にて散髪。さらに5月からは『カージュラジャ』を利用するようになりました」

 支持率は下がる一方なのに、散髪代は「うなぎ登り」。国民に消費増税という負担を要求しておいて、自身のヘアケアにおカネをかけるとは、なんとも優雅ではないか。

 これには〝ちょっとしたきっかけがあった〟と明かすのは、民主党のベテラン秘書。

「閣僚会議の合間などに、岡田(克也)副総理や安住(淳)財務大臣が、野田総理のファッションについてちょくちょく口を挟んでいるようです。今年5月上旬まで野田総理はクールビズにしていましたが、安住さんが『その格好は外国の要人に会うときに締まらないですから、止めたほうがいい』と忠告した途端、クールビズをやめ、ネクタイを締めるようになった。髪型についても、3月ごろに『次の国会は重要な局面が続くから、もっと身だしなみに気を使い、威厳を示すべきではないか』と指摘され、イメージアップを図るためにも、以前よりも格上の理髪店に行くようになったようです」

「高級バー通い」ならぬ「高級バーバー通い」を続ける野田総理。イメージアップどころか、〝庶民性〟という唯一の取り柄を失うことには気づいていないようで。

『週刊現代 2012年8月4日号』より


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ