[BCリーグ]
石川・森慎二監督「守備力強化でいいリズムを!」

 いよいよ後期がスタートしました。25日現在、石川ミリオンスターズは2勝3敗。前期のスタートと比べると、正直、いい状態とは言えません。何人か重なって選手たちに疲労が出てきているようです。しかし、前期よりも守備はバッティングがよくなってきている選手もいますので、これからというところです。後期は前期に続いての優勝はもちろん、秋のプレーオフに向けてチームや個人の課題を少しでも克服していけたらと思っています。

 さて、今季の打線は私が石川に来てから、最も活発です。その一番の要因は、俊足の1番・小倉信之(国士舘高-国士舘大-茨城ゴールデンゴールズ-フェデックス)が出塁し、2番・謝敷正吾(大阪桐蔭高-明治大)、3番・マデラ(ドミニカ)がコンスタントにヒットを打っていることです。特にリードオフマンの役割を果たしている小倉は、最も成長した選手に挙げられます。昨季は思い切って引っ張るだけのバッティングでしたが、今季は七分八分のスイングで左右に打ち分けられるようになりました。バッティングへの考え方が柔軟になった証でしょう。

 今季は2番を担っている謝敷は、未だに本調子ではありません。昨季ほどバットが振れていませんし、まだ下半身に粘りが出てきていません。それでもここ2試合ほどは、私から見ても「いいな」と思えるバッティングが出つつあります。本人も同じ感覚のようで、21日の新潟アルビレックス戦での3打席目、ショートの左上を越えて左中間へと運んだバッティングは「今年一番の当たりです」と言っていました。確かに、その打席は今季初めてしっかりと下半身で踏ん張ってバットを振ることができていました。今後、さらによくなっていくことを期待したいですね。