経済の死角

大津・中学生いじめ自殺
自殺練習を放置した担任は本誌取材に
「鼻唄!」

2012年07月27日(金) フライデー
friday
upperline
7月9日の朝、自宅前に停めた車に乗り込む元担任教師のM。広樹くんの死後、しばらく悩んでいた様子だったが、最近では「自分がメゲていたら示しがつかん」と開き直っていたという〔PHOTO〕山田宏次郎
自ら死を選んだ広樹くん。「小学生の時は優しくて面白い、クラスの人気者だったのに」と同級生は語った

「もうおれ死ぬわ」

 '11年10月、滋賀県大津市内の公立中学校に通う当時2年生の広樹くん(13)は同級生らにこうメールを送った後、自ら命を絶った。自宅マンションの最上階(14階)からの飛び降り自殺だった。

 彼の死から6日後、学校は全校生徒859人に対してアンケート調査を実施。そのうち、いじめの内容を示す計336件の回答を受け、学校は広樹くんへのいじめが存在したことを認めている。にもかかわらず、「半数近くの回答は事実との確証は持てない。また、いじめと自殺の因果関係も証明できない」として、市の教育委員会はアンケート結果を公表せず、調査も約3週間で打ち切ったのである。

 自殺から9ヵ月、市や加害生徒らに損害賠償請求の訴訟を起こしている両親が、市教委から提供を受けたアンケート結果を裁判所に提出。それをきっかけに、教育現場の酷さが明らかになったのだ。

 アンケートに記された内容を見てみよう。「思いきりお腹や顔を殴ったり跳び蹴りしたりしていた」、「教科書を破った」といったいじめの実態が書かれている。学校側、特に担任が気付かないとは思えないいじめも多い。

「体育祭で羽交い締めにされ、ハチの死骸を食べさせようとしていた」

「運動着に精液をかけ体育の時間に臭いと馬鹿にした」

次ページ 「昼休みに校内の階段を使って、…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ