サッカー
いよいよロンドン五輪! 準備万端で本番に臨むなでしこジャパン、ギリギリで間に合ったU-23日本代表、どちらの試合も見逃せない!
21日、メキシコとの親善試合での勝利に沸くサポーター〔PHOTO〕gettyimages

 ロンドン五輪の開幕が、いよいよ迫ってきました。サッカーは男女ともに、27日の開会式に先駆けてスタートします。今週からしばらくは、日本にいながら時差があるような日々を過ごすことになります。

 関塚隆監督率いる男子のU-23日本代表は、18日にベラルーシ、21日にメキシコとテストマッチを行ないました。一方、佐々木則夫監督率いるなでしこジャパンは、19日にフランスと対戦しました。

 直前の準備で生じたこの違いは、それまでの強化スケジュールに理由が求められます。

 昨年9月に五輪出場を決めたなでしこジャパンは、ロンドン五輪へ向けて着実に強化をはかってきました。2月にポルトガルで開催された国際大会に出場し、4月にはアメリカ、ブラジルと国内で対戦した。6月にはスウェーデンへ遠征し、アメリカ、スウェーデンと顔を合わせた。フランス戦を迎えるまえに、今年だけで9試合を消化しています。

 女子の強化を司る上田栄治委員長は、2004年のアテネ五輪でなでしこジャパンを率いました。佐々木監督も、北京に続いての五輪となります。五輪から逆算して、いつ、何をすればいいのかを、彼らは共有することができているのです。

 2月のポルトガル遠征を〈中間試験〉に、6月のスウェーデン遠征を〈期末試験〉に置き換えれば、直前のテストマッチが1試合だった理由が分かると思います。本番へ臨む準備は、すでに整っている。コンビネーションとコンディションを最終的に確認していけばいいわけで、大会間際に〈追試〉をする必要がないのです。

メキシコ戦の勝利は明るい材料

 U-23日本代表は対照的でした。

 こちらは3月まで五輪予選があり、出場決定後は5月のトゥーロン国際トーナメント(フランス)が唯一の強化でした。しかも、トゥーロンではグループステージ敗退に終わったため、3試合しか実戦ができなかった。〈中間試験〉の途中で、チームが解散したような状況だったのです。

 さらに加えて、オーバーエイジの問題もありました。

 吉田麻也(VVVフェンロ/オランダ)と徳永悠平(FC東京)のふたりは、当たり前ですが予選には出場できません。トゥーロン国際にも参加していません。彼らを交えたコンビネーションを、急ピッチで構築しなければならない。そうしたチーム事情を踏まえると、1試合では足りなかったのでしょう。

 ベラルーシ、メキシコと中2日で対戦したチームに、私は〈一夜漬け〉という言葉を思い浮かべにいられませんでした。Jリーグとの兼ね合いがあるので、強化スケジュールの確保は難しい。それは分かります。それでも、もう少し時間を捻り出すことはできたはず、というのが私自身の肌触りです。

 いずれにしても、準備はギリギリで間に合った印象です。メダル候補にもあげられているメキシコに、2対1で勝利したのは明るい材料でしょう。

 26日の開幕戦で対戦するスペインは、メキシコと同じように細かくパスをつないでくる。相手にボールを支配されたなかで、どのように勝機を見出すかという意味で、メキシコ戦はいいシミュレーションとなりました。

 だからといって、日本の勝算が高まったわけではありません。スペインは強い。間違いなく強いです。代表経験者が多く、先日のユーロ2012に出場した選手もいます。オーバーエイジのひとりであるマタは、欧州でも名の通った実力者です。

 スペイン戦の日本は、耐える時間が長くなるでしょう。粘って、粘って、同点か1点差で終盤まで持ち込みたい。シュート数で言えば、3本対15本とか、5本対18本ぐらいの差はつくはず。そのなかで、メキシコ戦のようにワンチャンスを生かしたい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら