[バスケットボール]
杉浦大介「ロンドン五輪アメリカ代表は、元祖“ドリームチーム”より上か」

議論を起こしたコービーの発言

 2008年の北京五輪に続く金メダル獲得を目指し、バスケットボールのアメリカ代表が間近に迫ったロンドン五輪に向けて調整を続けている。レブロン・ジェームス、コービー・ブライアント、ケビン・デュラント、カーメロ・アンソニーといったスーパースターたちが名を連ねた代表チームは今回も魅力たっぷり。名実を兼ね備えたスター軍団は、ロンドンでもダントツの優勝候補筆頭に挙げられている。

コービーの大胆な発言は少なからず波紋を呼び起こした。

 しかし、そんな2012年版チームの中でも最年長のコービーが、7月上旬にこんなコメントを残して物議を醸すことになった。
「若く、身体能力に秀でていて、選手層の厚いこのチームなら、1992年のバルセロナ五輪で金メダルを獲得した初代ドリームチームにも勝てるのではないか」

 今年の代表チームも極めて上質で魅力的なことは確かである。点が取れる選手はもちろん豊富な上に、タイソン・チャンドラー、アンドレ・イグダーラのような優れたディフェンダー、クリス・ポール、デロン・ウィリアムスといった司令塔も擁している。サイズ不足という弱点はあるものの、コービーの言葉通り、身体能力と爆発力では歴史に残るレベルと言えるかもしれない。

 ただ、コービーが名指しした1992年の“ドリームチーム”とは、バスケットボールファンの間では永遠に語り継がれるであろう伝説的存在である。マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バード、パトリック・ユーイング、チャールズ・バークリー、カール・マローン、ジョン・ストックトンといった超が付くスーパースターがこぞって参加し、ロースター12人中の11人が後に殿堂入り。対戦相手ですらファン気分でこぞって写真撮影を依頼したほどで、五輪を通じてほとんどまともな試合にはならなかった。バルセロナの8戦で平均43点差をつけたアメリカ代表は、軽々と金メダルを持ち帰っている。

 このスーパーチームの勇姿のおかげで、NBA、バスケットボールの人気は全世界で拡大。各国の競技レベルは一気にアップし、後に一時的にアメリカ代表が国際舞台で勝てなくなる時期が来るという皮肉な事態にまでなった。