[自転車競技]
白戸太朗「フランスで見る夏の夢」

毎日、熱いレースが繰り広げられている。

 ヨーロッパで人々を熱狂させるサッカー。この夏も欧州選手権(EURO)で皆が盛り上がった。もちろんオリンピックも盛り上がるが、4年に1度の祭典ならワールドカップの方が、人々を熱狂させるのも事実である。どこまで行ってもヨーロッパにおいては、やはり「サッカー」なのである。

 そんなヨーロッパにおいても、毎年開催されるスポーツイベントとして、もっとも盛り上がるのは「ツール・ド・フランス」である。3週間もの間、フランスを中心に総距離約4000㎞を連日走り続けるサイクルロードレースだ。かけている予算も、集まる観客も、他のスポーツイベントと比較すると群を抜いて多く、バカンスシーズンに入ったヨーロッパ中の注目を集める。またヨーロッパだけでなく、約190カ国、100チャンネルを超える放送局で放映されているというから驚きだ。

日本人初の表彰台の快挙

 日本では社会的なポジションや認知度の高さがヨーロッパとは大きく異なるこのスポーツ。実力差も大きく日本人選手は苦戦してきた。しかし、2009年に別府史之が出場し、最終日に敢闘賞を獲得する活躍をみせた頃から一気に状況は変わってきた。新城幸也は09年に初出場ながら第2ステージ5位という素晴らしい成績を残し、今年も第4ステージでレースを作り続けて日本人として2人目の敢闘賞を獲得。別府の時には最終日だったために敢闘賞の表彰がなかったが、新城は日本人として初のツール表彰台に上がったのだ。

表彰台に上る新城。歴史的な瞬間だ。

 私も長年、レース中継に関わっている立場上、日本人が表彰台に上がることに驚きと喜びを隠せなかった。口先では「ステージ優勝を!」なんて軽く言っていたものの、まだ感覚としては、自分たちがよく知る日本人選手がそこで走っているというだけで感心している始末。1990年代から2000年代初めに世界の舞台で日本人選手が苦戦してきたのを嫌というほど見てきている印象が強いせいかもしれない。しかし、今年、表彰台に新城が立っているのを見た時は、この事実を整理するのにちょっと時間がかかった。