[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「打倒・香川で頂点へ」

自信になった大勝

 後期は引き分けから6連勝スタート。連勝はたまたまとはいえ、後期はいい戦いができる手ごたえがありました。前期の終盤から選手たちに細かく言い続けてきたことが実践できるようになってきたからです。

 それは「事前の準備で防げるミスはしない」「常に最善のプレーを追求する」の2点です。前期は優勝した香川と4.5ゲーム差の2位、香川を上回れない理由は、ここにあると感じていました。どんなに頑張っても試合では実力以上のプレーはできません。しかし、香川との大きな戦力差はない。それでも勝てなかった理由は細かい部分の徹底にあると考えたのです。

 たとえば内野手が前の打球を内野安打にしてしまった場合、ボジジョニングに問題はなかったのか、点差がある場面で打球が飛んだ際、目の前のランナーを追っかけてアウトにするのがベストの選択なのか……ひとつひとつのプレーについて、これまで以上に試合後、ミーティングを行い、全員で反省をしました。

 成果が出たのは香川との後期2度目の対戦となった10日の試合です。初回、お互いにチャンスをつくるなか、守備では失点を防ぎ、攻撃は橋本将に満塁弾が飛び出し、主導権を握りました。その後も集中を切らさず、得点を重ね、11-0。香川相手にこれだけのナイスゲームができたことは大きな自信になりました。

リーグトップタイの9勝、リーグ2位の防御率1.25と好成績の小林。

 この試合、先発で完封勝利をあげた小林憲幸は、以前と比べると、すっかり投球スタイルを変えています。中継ぎとしてNPB入りしながら戦力外になった時はストレート一辺倒だったのに、愛媛で先発に転向して打たせて取るピッチングを覚えたのです。相手を抑えて結果を出したことで、それが快感となり、マウンドでの自信につながっています。ピッチングに安定感が出てきましたから、これを継続すれば、NPBでの再チャレンジも見えてくるでしょう。