アダム・スミスの「生きるヒント」 第5回
「『賢人』と『軽薄な人』との分かれ道」

第4回はこちらをご覧ください。

 人間は世間の評価基準を自分の中に取り込み、「裁判官」を作ります。世間の評価は時に気まぐれになりますが、通常は本質的な評価をします。その本質的評価だけを取り入れて、自分の中に「法律」を作るわけです。そしてその法律に従って行動すれば、世間から同感(称賛・賛同)を得られる、正しい行動ができる、ということです。

 このようにして、人間は善悪の判断基準を形成するのです。

 スミスは、「人間は生来、他人からの『同感』を切望している」と語っています。そして、同感を得ようと考えれば、自然と世間の評価を取り込み、道徳観を形成していきます。ここまでは、誰しも「自動的に」行うことなのです。

 だとしたら、すべての人間は道徳的に考え、行動するはずです。しかし現実にはそうなっていません。なぜでしょうか?

 前回の最後に、「現代で道徳観が失われているのは、他人とのかかわりが少なくなったから」という考察を書きました。しかし、スミスが生きた時代にも、「道徳的な行動をする人間」とそうでない人間がいたようです。

 その理由を、スミスはこう分析しています。

「正しい人間」と「正しくない人間」

 スミスは、重要な指摘をしています。それは、自分の中に「裁判官」を作っても、「世間からの評価」は依然として受け続ける、ということです。そして、世間からの評価は、「自分の中の裁判官」の判決と食い違うことがある、ということです。

 自分の中に、正しい判断を取り込んでルール化しても、現実社会は、引き続きいろんな人が気まぐれで表面的な評価をしてきます。たとえ「他人から評価されたくない」「気まぐれな世間からは何も言われなくない」と思っていても、世間は引き続き、わたしたちを評価し続けるのです。