あなたの血管を健康に!
タマネギエキスで夏を乗り切る

(「仕事のヒント」取材班)

ジメジメとした梅雨も明け、いよいよ夏本番。昨年に続いて2度目の節電の夏を迎えるにあたり、やはり気になるのが暑さ対策、熱中症対策だ。節電のために暑さを我慢しすぎれば、熱中症になる恐れがあるだけでなく、脱水症状による脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクも高めてしまう。

全身の健康は血液・血管の健康次第

 ジメジメとした梅雨も明け、いよいよ夏本番。昨年に続いて2度目の節電の夏を迎えるにあたり、やはり気になるのが暑さ対策、熱中症対策だ。節電のために暑さを我慢しすぎれば、熱中症になる恐れがあるだけでなく、脱水症状による脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクも高めてしまう。冬に多いと思われてきた脳梗塞、心筋梗塞の発症だが、むしろ、水分不足によって血液がドロドロになりやすい夏に一番多く、注意が必要だ。

 脱水症状と熱中症の対策には、こまめな水分補給が重要となる。とはいえ、水分であれば何でもよいというわけではない。カフェイン入りのドリンクやビールには利尿作用があることから、摂取した以上の水分の排出を促してしまい、かえって逆効果となってしまう。

 暑さによる睡眠不足にも警戒したい。睡眠には血管の損傷を修復する効果があるが、寝不足の状態が続くと、血管を修復する時間が十分にとれずに、血管の損傷が進んでしまう。その結果、動脈硬化を招き、やはり脳梗塞、心筋梗塞のリスクを高めてしまうのだ。

 このように夏の暑さは、私たちの血液や血管に大きなダメージを与える要因となっている。さらに言えば、血液は頭の先から足のつま先まで全身を巡っており、その流れが悪くなれば、健康状態そのものにも影響が出てしまうのだとか。つまり、全身の健康は、血液・血管の健康次第なのである。

「血管の健康管理は、まずはふだんの食生活から」と、東京シーサイドクリニックの中川敬一院長

「心臓から全身に血液を送り出す血管である動脈は、外膜、中膜、内膜の3層構造になっていて、内膜の一番内側の細胞層を血管内皮と呼んでいます。血管内皮は、NO(一酸化窒素)をはじめとするさまざまな物質を分泌し、血管の調節機能をコントロールする重要な役割を果たしています。一方で、血液と直に接する組織であるため、血液中のニコチンやコレステロールの悪影響を受けやすく、それが原因で血管内皮の機能が低下してしまうことも少なくありません。この血管内皮機能が低下すると、その後さらに動脈硬化が進行し心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなるのです」

 血管の主な機能について解説してくれたのは、動脈硬化性疾患の予防治療を行う、東京シーサイドクリニックの中川敬一院長。中川院長いわく、血管内皮機能の低下でとくに怖いのは、自覚症状がないことだという。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事