[サッカー]
田崎健太「ジーコ、かく語りき Vol.1」

~イラク代表監督就任のワケ~
9月11日、ジーコはW杯最終予選で日本代表と対戦する

 人はなかなか本音を話さないものだ。特に多くの人間から取材を受けてきた、“取材慣れ”した人間に話を聞く時は注意が必要である。過去にどこかで話した内容をただ繰り返すことも少なくないからだ。彼らには、きちんと向き合い、繰り返し会い、しつこく話を聞かなければならない。

ジーコとの約束

 ぼくが初めてジーコにきちんと話を聞いたのは、今から17年前の1995年1月。彼が母国ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに作ったサッカーセンター開幕式の数日前のことだった。またこの頃、ジーコに日本、サッカーについて語って貰うという連載を『週刊ポスト』という雑誌で始めることになっていた。毎週2ページ、全30回の連載は好評で、続篇も作ることになった。都合、ブラジルへは3度訪れ、その度に数日間集中して話を聞いた。

 その後、2002年に日本代表監督に就任してからは、月刊誌『プレジデント』で彼を追いかける連載を持った。ドイツワールドカップ前に会いに行くと「お前、もう聞くことはないだろ」と冗談まじりに言われたことがあった。
「代表監督の間は話せないこともあるだろう。辞めたらあなたのいるところ、世界中どこにでも行くから、また話を聞かせてくれ」

 とぼくは返した。

 約束通り、イスタンブール、モスクワで1度、そしてリオで2度、彼の節目ごとに話を聞いた。各方面に気を遣う必要があった代表監督時代とは会話の濃度が違った。ぼくがブラジルで生活した経験があり、ポルトガル語を理解できることも大きかったのだろう。時にはお酒を一緒に飲みながら、様々な話をしてくれた。その中には「06年W杯の日本代表には腐ったミカンがいた」と発言し、話題となった取材も含まれている。それらを踏まえて、ぼくは日本人ジャーナリストとして、最も彼の話を聞いてきたという自負がある。

 そんなぼくにとって昨年9月、ジーコがイラク代表監督に就任したという報道を目にした時は、悪い冗談にしか思えなかった。それでもジーコには定期的に話を聞く――それがぼくと彼との約束だった。だから、イラクに行くつもりだった。ぼくはこれまで50カ国を超える国を訪れたことがあるが、中東はない。イラクは未知の国で、楽しみでもあった。

 ところが、連絡を取ると「ブラジルに来てくれ」と言う。イラク代表はブラジルW杯アジア3次予選初戦のホームゲームで観客がピッチに降りたことで、国際サッカー連盟(FIFA)からイラク国内での試合を禁じられていたのだ。アウェーゲームはもちろん国外だが、ホームゲームも近隣のカタールで行っていた。そのため、ジーコは試合前になると、カタールへ行き、選手たちを集めて合宿、試合が終わるとブラジルに帰ってくるという生活だった。

 まずは年明けの今年1月にリオで話を聞く約束をした。ところが1月のスケジュールが大幅に変更になり、延期となった。さらに「3月3日の誕生日には必ずリオに帰る」というジーコの言葉を信じて、飛行機の予定を組むと、それも変更となった。
「イラクではブラジル以上に、予定が頻繁に変わるのだ」とジーコからお詫びのメールも届いた。その後もジーコのブラジルへの帰国日程は微妙にずれた。結局、マレーシアで行われるW杯最終予選の組合せ抽選に出席した後、ブラジルに帰国するというので、リオまで会いに行くことにした。