[陸上]
金丸祐三(大塚製薬陸上競技部)<Vol.2>「高校陸上界の怪物」

きっかけはマイケル・ジョンソン

 小さい頃から足の速い子どもだった。大阪府高槻市に生まれた金丸は、元気いっぱいの幼少時代を過ごした。とにかく外で遊ぶのが大好きで、近くの田んぼで足を泥だらけにして炎症を起こしたこともあるほどだ。

 小学校ではその俊足を生かし、3年生からサッカーを始めた。
「でも足が速いだけで、ボールを蹴るのがヘタクソだったんです。せっかくゴール前まで行ってもシュートを外しちゃうんで(笑)」

 そんな時、金丸はその後の人生を左右する出会いを果たす。ふと見たテレビでピンと胸を張り、トラックを疾走する黒人のスプリンターに目を奪われた。
「独特なフォームと驚異的な速さに惹かれましたね」

 その男はマイケル・ジョンソン(米国)。言わずと知れた90年代の陸上界を驚かせたスーパースターだ。世界陸上ではカール・ルイス(米国)を抜く9個の金メダルを獲得。99年のセルビア大会の400mで樹立した43秒18は未だに世界記録である。

「コイツ、かっこいい」。超人的な走りで他をよせつけない姿に憧れた。

 中学生になると金丸は陸上部に入部する。小学校時代は運動会などで、ほぼ1等賞だったとはいえ、本格的に陸上に取り組んだのは初めて。1、2年生の頃は特に目立った成績を残せなかった。しかし、3年生になると素質が芽を出し始め、200mで全国大会に出場する。