アダム・スミスの「生きるヒント」 第4回
「なぜ道徳観が失われたのか?」

第3回はこちらをご覧ください。

「人間は他人からの『同感』を切望する生き物である」

 要するに、人間は他人の目を気にして、他人から自分の意識や行動を是認してもらいたいと切に願っているのです。

 この分析がスミスの理論の根幹にあります。この「同感」を基に、スミスは道徳論を展開し、また経済学を創ったのです。

 しかし、ここで考えてみてください。「他人の目」を気にすると言っても、現実的には全員から良く思われることは不可能です。

 世の中にはいろんな価値観の人がいますし、同じ人でもその時の「虫の居所」によっては他人の行動に違う評価を下すこともあります。世の中は非常に「気まぐれ」で「公正ではない」ことがあるのです。

 また、現実社会を考えてみると、そこにはいろんな利害関係が絡み合っています。そのため、万人から受け入れられ、よく思われることは不可能です。特に利害関係がある場合には、「あちら立てればこちらが立たぬ」という状態になります。

 たとえば、会社で1人しか採用できない枠に2人応募してきたら、どちらかを落とさざるを得ません。しかし、落とされた人は不満に感じ、皆さんを批難する可能性もあります。悪いことをしているわけではないのに、批難されてしまうわけです。

 ここでわたしたちは「全員の目を気にしてはいられない」ということに気がつくのです。

 では、誰の目を気にすればいいのでしょうか? 誰の判断基準に合わせればいいのでしょうか?