[BCリーグ]
富山・進藤達哉監督「ストライクゾーンで勝負する勇気を!」

 前期の全日程が終了しました。富山サンダーバーズは16勝19敗1分けで、北陸地区最下位に終わりました。一番苦しかったのは5連敗を喫したゴールデンウィーク。そこから粘って追い上げたものの、終盤の勝負どころとなった、6月22、23日の福井ミラクルエレファンツ戦で連続完封負けを喫してしまったのです。それでも、優勝した石川ミリオンスターズには5勝3敗と勝ち越したことは、チームにとって大きな自信となったと思います。

 前期で浮き彫りとなった最大の課題は、やはり投手力でしょう。シーズン前、投手陣には「どれだけヒットを打たれてもいいから、できるだけ四球は出さないようにしよう」と言っていたのですが、結果は140個という四球を積み重ねてしまったのです。その原因は技術だけではありません。必要以上に、ヒットを打たれることを怖がっているため、ストライクゾーンで勝負する勇気が持てないのです。そのため、どうしてもボールカウントが先行し、四球になるか、あるいは四球になることを避けてストライクを取りにいった甘いボールを痛打されることになるのです。富山には絶対的な勝負球を持っている投手はほとんどいません。だからこそ、ストライクゾーンで勝負しなければならないのです。ヒットを打たれてもいいから、勇気をもってストライク先行のピッチングをしてほしいと思います。

 それでも先発陣は、よくゲームをつくってくれました。特に2年目の元気(光星学院野辺地西高)の成長には目を見張るものがあります。昨季はそれほど登板機会を与えられなかった元気ですが、オフの間に下半身を中心にしっかりと鍛えたのでしょう、今春のキャンプでは体が一回り大きくなっていました。そうしたフィジカル的に強さが増したことで、フォームにブレが少なくなり、コントロールの安定につながっているのです。また、もう一人の先発投手であるルーキーの高塩将樹(藤沢翔陵高-神奈川大-横浜金港クラブ)は、トライアウトで見た時から実戦タイプと思っていましたが、実際にストレートと変化球どちらも制球力があります。前期は白星に恵まれなかったものの、防御率2.39とまずまずのピッチングを見せてくれています。

 そしてクローザーには元NPBの杉山直久(舞鶴東高-龍谷大-阪神)がいますから、課題は中継ぎにあるのです。当初はメサ(ドミニカ)をセットアッパーとして起用する予定だったのですが、このメサがストライクが取れないという大誤算。そこで、前期は3回ほど先発に起用しました。すると、これが功を奏しました。中継ぎとして1イニングだけを投げていた時は、とにかく力いっぱい投げていたメサですが、先発では長いイニングを投げようと力をセーブしながらのピッチングとなり、制球力が安定し始めたのです。後期は先発としても中継ぎとしても、期待したいですね。