モバイル

日米で広がるスマホ依存症: その病理と対策はまちまち

グローバルにひろがるスマホ依存症〔PHOTO〕gettyimages

 スマートフォンを使ってはいけない場面でも、つい手を伸ばしてしまう「スマホ依存症」が増加しているようだ。日米の主要経済紙が奇しくも同じ時期に、この問題を取り上げるなど、今、両国ビジネス・パーソンの間で共通の関心事となっている。

■"When Facebook, Twitter and Instagram Crash the Party"
7月6日付け米Wall Street Journal(WSJ)電子版

■「スマホ依存にご用心 SNS・音楽・ゲーム・・・もう手放せない
7月9日付け日本経済新聞夕刊

 両記事とも、スマートフォンなどパーソナルなモバイル端末が、家族や対人関係にもたらす様々な軋轢や緊張を紹介している。この種のことは以前から度々報じられてきたが、最近フェイスブックやツィッターなどソーシャル・メディアの利用が一般化し、特にスマートフォンでこれらを使う人が急増してきたことから、改めて問題視されたのだろう。いずれの記事も、身近な実例をもとに、その病理を分析している。

 まず日経の記事では「2人のときも夫はスマホでネットを見ている。会話をする気がないのかと口論になることもしばしば」(28歳、女性会社員)、「夫がフェイスブックのとりこ。家族で出かけても読み手に『いいね!』ボタンを押してもらえそうな材料を探しては撮影、ネット掲載と、全く落着きがない。小学生の娘に『パパと出かけてもつまんない』と言われる始末」(44歳、主婦)などの事例を紹介。

 続けて、専門家の意見として「コメントを書かなくちゃいけないという義務感、その背後には孤独感がある」と分析し、最後に「便利な道具のつもりで使っていたら、いつの間にやら道具の奴隷に。そうならないように、スマホとは良いスタンスを保ちたい」と結んでいる。

 一方、WSJの記事では、友達との会食やパーティなど、もっぱら外部の人間関係について、スマホ利用の問題点を指摘している。たとえば誰かと食事中に電話やメールが届いた瞬間、目の前にいる人を無視してスマートフォンにかじりつく人が少なくないのは、日本もアメリカも同じ。同記事は「このようなテーブル・マナーは過去も、現在も、そして今後とも許されるものではない」と厳しく断じた上で、こうした問題には米国人自身も何らかの対処策を講じ始めている、と紹介している。

 たとえば39歳の某男性は、友達数人と会食するときには、全員が自分のスマートフォンを一旦懐から取り出して、それらをテーブルの上に寄せ集める。そして食事中、最初にスマートフォンに手を伸ばした人が、その場の勘定を持つことにしたという。

 あるいは某女性大学教授は、自分の娘(11歳)の誕生パーティを催したところ、娘とその友達が、その場にいる子と話すよりも、その場にいない子とSMSに熱中するのを目撃。これに失望した教授は、次回のパーティからは自宅の玄関にバスケットを置き、訪れた子供たち全員のスマートフォンを没収。彼女の家では、その場にいる子供達とだけ交流させるようにした。

 が、話はそこで終わらず、この教授自身が今の話をバスケットの写真付きでインスタグラム、ツィッター、フェイスブックに投稿し、260回もシェアされたとWSJは紹介している。

日本とアメリカ 共通点と相違点

 日米の両記事とも、スマホ利用におけるマナーやエチケットの重要性を訴えている点は共通するが、WSJはその一方で「スマートフォンやソーシャル・メディアがこれだけ日常生活に浸透した今となっては、人付き合いもそれに適応させる必要がある」とも指摘。たとえば「会食の途中で持ち上がった話題をスマートフォンで調べ、それによって話が一層弾むようであれば、それはあまり問題視すべきではない」と提案している。

 この種のマナーには日米の共通性と同時に、異なる点も当然存在する。筆者はかつて米国に通算9年間在住したことがあるが、スマートフォンが普及する以前、つまり従来の携帯電話(フィーチャーフォン)の時代から、「音」に対する感覚が日米で異なると感じていた。たとえばアメリカ人は地下鉄の車内で、平気で電話しているし、それを咎める人もいなかった。

 特に筆者の住んでいたニューヨークの「クイーンズ」と呼ばれる地域は、正直あまり柄の良い場所ではないせいか、その辺りの駅から地下鉄に乗り込むと、多くの乗客が大声で電話している光景をよく目にした。このように車内全体がうるさいと、逆に誰が話していても気にならない(もっとも大分前の話だから、今は状況が変わっているかもしれない)。

 対照的に日本人は、誰かのたてる音に神経質だ。たとえば東京の地下鉄車内は大抵、シーンとしているし、携帯電話の通話はおろか、誰かが音楽をイヤフォンから若干漏らすだけでも、他の乗客から注意される。

 筆者は個人的には、(別に米国かぶれというわけでもなかろうが)電車内で他人のたてる音はあまり気にならない。ごくまれに隣の乗客が誰かと電話していても怒ることはない。むしろ電車の中で化粧している女性、あるいはレストランで食事中に、近くの席で唾液の音をピチャピチャさせながら食べている男性などに腹が立つ。ああいうのは本当にやめて欲しいと思うし、実際に面と向かってそう言ったこともある。

 ちょっと話がそれたが、要するに何を気にするかは人によって当然異なるが、それでも国によってある程度の共通性はある。前述の通り、日本人が「他人のたてる音」に敏感なのは、諸外国の人も認めるところだ。

 たとえば2008年頃、米国のSRI Internationalという研究所で、(現在のSiriのような)音声操作の技術開発に取り組んでいる専門家にインタビューしたことがあるが、彼は「音声操作は(他者の音に敏感な)日本では、流行らないだろう」と言っていた。日本の状況をよく知っているのだ。ちなみに米国在住のイタリア人である彼は、「イタリアでは音声操作は普及するだろう」と見ていた。

 他人のたてる「音」にせよ、「化粧」にせよ、人を苛立たせるのは、公的空間で私的行為を見せつけることにある。どこへでも持ち運べるスマートフォンは、公私を隔てる壁を無意識のうちに取り払ってしまうだけに、それへの依存症は社会的摩擦を引き起こすのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新メディア「現代新書」OPEN!