[陸上]
鈴木雄介(富士通)<前編>「歩く魅力に惹かれて」

「走っている時よりも、速く感じる」
こう語るのは富士通陸上部に所属し、競歩選手として活躍する鈴木雄介(24歳)だ。100メートルを“歩く”スピードは、調子がいい時には17秒を切るという。ただし、鈴木が専門とするのは20キロ競歩のため、レースでは100メートルを24秒前後、1キロ4分ペースで歩く。
「レースの時は、もうグイグイ進んでいる感じです。自分の体をすごく速く動かせていると実感できるところが、この競技の一番の魅力だと思います」

 出身は競歩が盛んな石川県能美市。同市では毎年「全日本競歩能美大会」が行われ、県内からは五輪選手も複数出ている。鈴木が小学校3年になった頃、2つ年上の兄が地元の陸上クラブに入った。これがきっかけで弟の鈴木も同クラブで陸上競技を始めた。
「クラブでは陸上というよりも、みんなと球遊びをやったりしていたことが楽しかったですね(笑)。でも、クラブでの活動が楽しかったおかげで、陸上競技自体も好きになりました」

 この時はまだ長距離を中心とする“ランナー”として活動していた。

 そんな鈴木が“ウォーカー”になったのは、中学で陸上部に入ってからだ。入部して最初の地区大会で、新入生は皆、専門の種目に出ることができなかった。そのため、強制的に出場させられたのが競歩だった。もちろん、全員が全くの初心者だったが、鈴木はその中でも速いほうだったという。それをきっかけにしてその後も、いくつか県内の大会に競歩で出場した。しかし、当時はまだ競歩に熱中していたわけではなく、「練習はせずに、ただ大会に出場していただけ」だった。