[MLB]
杉浦大介「ミラクル・メッツ、復活なるか」

チーム支えるサンタナ、ディッキーの2本柱

レイエスの移籍が決まったときには、ファンは大いに落胆したのだが……。

 メジャーリーグでは今季も予想外の快進撃を続けるチームがいくつか現れているが、中でも最大級のサプライズを起こしているのがニューヨーク・メッツである。

 オーナーシップが詐欺事件に巻き込まれたこともあり、今季のメッツは昨季と比べて年俸総額を3000万ドル近くも削減(昨季=約1億2000万ドル、今年の開幕時=約9300万ドル)した。戦力補強はほとんどなされず、しかも看板スターのホゼ・レイエス(現マーリンズ)をFAで失ったこともあり、開幕前はレベルの高いナショナル・リーグ東地区で最下位に終わるだろうとの予想が圧倒的だった。

 しかし、蓋を開けてみれば順調なペースで勝ち星を重ね、前半戦の81試合を終えたところで44勝37敗。7月5日の時点でもワイルドカード争いでジャイアンツと並んでタイと、プレーオフ進出に手が届く好位置に付けている。

「僕たちが良いチームだと、もう分かっているよ。周囲に何を言われても、春季キャンプの時点から自分たちがやれると感じていた。そして実際に勝利を重ねるごとにさらに自信が増してきているのも実感できる」

 チームリーダーのデビッド・ライトはそう語る。メッツはもともと期待値の低いシーズンの方が良いプレ—をする傾向があるチームだが、もしも今季、まさかのポストシーズン進出を果たすようなことがあれば、ニューヨークのベースボール史上に残るミラクルとして歴史に刻まれるだろう。

「やはり安定した先発投手陣がチームを支えているのが大きいと思う。R.A.ディッキー、ヨハン・サンタナの両エースがマウンドに立つ日は、チームもファンも勝利を予期してスタジアムに来ることができる。そして生え抜きの若手選手が多いおかげで、チーム内に良好なケミストリーが生まれているのも好材料だね」

サンタナの劇的なノーヒッターはメッツファンを夢見心地にさせた。

「ニューヨーク・タイムズ」紙のアンドリュー・ケイ記者はそう指摘する。2010年9月に左肩に手術を受け、昨季は1試合も登板できなかった左腕サンタナは、今季開幕からローテーションに復帰。これまで2点台の防御率を保ち、しかも6月1日には、なんとフランチャイズ史上初のノーヒット・ノーランを達成して地元ファンを歓喜させた。

 ナックルボーラーのディッキーも右のエースとして確立し、特に6月は6戦を登板して防御率0.93と完璧。12勝1敗と驚異的な成績を残し、37歳にしてオールスターにも初選出された。この数カ月で一躍、全国区のスターピッチャーになったディッキーは、躍進メッツのシンボル的な存在と言ってよい。