[格闘技]
近藤隆夫「後楽園ホール50周年、忘れ難きは高橋ナオトvs.マーク堀越」

心が震えるベストバウト

多くの名選手がこのリングに立ち、記憶に残る好勝負を繰り広げてきた。

「ボクシングの殿堂」、時に「プロレスの聖地」として格闘技ファンに愛され続ける後楽園ホール(東京・文京区)が今年、開場50周年を迎えた。

 東京ドームシティ内「青いビル」の5階にある後楽園ホールは決して大きな会場ではない。立ち見も含めて最大収容数約2000人。よって、テレビ中継で高視聴率をマークするようなビッグマッチが行なわれることは少ないが、どの席からでもリングがよく見えるのがよい。また、刻まれた歴史が醸す独特な雰囲気を味わえるスタジアムでもある。

 開館したのは1962年(昭和37年)1月15日。プロボクシングのこけら落とし興行は『ダイナミックグローブ』(4月16日)で、メインマッチは高山一夫vs.オスカー・レイス(フィリピン)のノンタイトル戦だった。

 いま私は45歳。後楽園ホールよりも5歳若いので当然、開館当時の試合は観ていない。しかし、高校生の時に初めて訪れて(最初に観た試合はプロボクシング日本ジュニア・バンタム級タイトルマッチ、渡辺陸奥雄vs.勝間和雄/84年5月3日)以降、何百回と後楽園ホールへと足を運び、数え切れないほどの試合を観てきた。

 プロレス、ボクシング、キックボクシング、シュートボクシング、修斗、DEEP、K-1、サンボ、骨法、プロ空手……。仕事ではあるが後楽園ホールへ通うのが日常生活の一部となっていたように思う。

 先日、後楽園ホール50周年が酒の肴になった時、20年来の取材仲間から、こんな風に聞かれた。
「後楽園ホールのベストバウトは何だと思う?」

 その問いに対して、考えたり、振り返ったりする時間は必要なかった。私にとっての後楽園ホール・ベストバウト……それは、89年1月22日に行なわれたプロボクシング日本ジュニア・フェザー級タイトルマッチ、マーク堀越vs.高橋ナオトである。もう20年以上前の試合であるが、ビデオテープを再生すると、いまでも心が震える。