[野球]
上田哲之「怒りと希望 ~6・13千葉ロッテ×広島~」

 広島カープの代走・中東直己は、自軍の三塁側ベンチに帰る時、三塁側スタンドが異様な沈黙に包まれていることに気が付いたはずである。それは不穏な中に怒気を含んだ、観客の沈黙であった。中東の表情も明らかにこわばり、青ざめていた。少し古い話になる。場所はQVCマリンフィールド。6月13日の千葉ロッテ-広島戦のことだ。

 試合を振り返っておこう。広島先発・野村祐輔が4回裏につかまって3失点。ロッテ先発・グライシンガーが好投し、3-0のまま、8回表を迎える。さすがパ・リーグの首位ロッテ、あっさり完封勝ちか、という雰囲気が濃厚だった。さて、8回表。広島1死一、二塁と攻めたところで、ロッテの西村徳文監督は、投手を益田直也にスイッチ。この交代で、試合の様相が一変する。益田はあろうことか、続く天谷宗一郎に四球を与え、あっという間に1死満塁の大ピンチを招いてしまう。

 ここで、カープ野村謙二郎監督は、待ってましたとばかり、代打・前田智徳をコール。その瞬間、三塁側スタンドの興奮は、一気に最高潮に達した。現在、下位に低迷する広島の試合にあって、最もスタンドが興奮し、期待をするのが、この「代打・前田智徳」のシーンである。時に「天才」とも称されたこの名打者の23年間の苦悩の歴史が、41歳となった今、たった1打席に凝縮される。それを目撃する喜びを、誰もが知り尽くしているのだ。

 前田は渾身のスイングでセンターへ犠牲フライを打ち上げ、1点返して3-1。7回までは、グライシンガーの完封か、あるいは9回クローザー薮田安彦につないでの完封リレーかもしれないが、いずれにせよ、ロッテが手堅く完勝する、何の起伏もない試合になることが、ほぼスタジアム全体に予感されていた。

 しかし、前田の犠牲フライが出た時点で、これは逆転劇が起こる、と少なくとも三塁側スタンドは確信に近い空気に一変した。これが今の前田智の力である。打席に立つだけで球場という空間全体を変えることができる。この確信は、少しずつ現実に近づいていく。続く梵英心がライト前タイムリーで3-2。薮田もさすがに後続を打ち取ってチェンジ。