[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「永川弟(広島)の課題」

壁にぶつかった安里

 前期は借金8の3位。成績が低迷した要因は投手陣の経験不足です。昨季、優勝を経験したメンバーでチームに残ったピッチャーは3名のみ。頼みにしていたカープドミニカアカデミーのシモンとバレンティンも故障で離脱し、コマ不足に陥ってしまいました。

 ピッチャーをカバーするはずの打線も、各選手が軒並み調子を落とし、守りのほころびも目立ちました。投打にリズムに乗れないまま前期が終わってしまった印象です。後期に巻き返すためのポイントはもちろん投手陣にあります。前期で経験を積んだ選手たちが、どこまで成長するか。1人でも2人でも一本立ちしてくれれば、チーム状態は変わってくるはずです。

 たとえば4月にノーヒットノーランを達成した安里基生は予想通りプロの壁に当たりました。肩痛を起こして一時戦列を離れた影響もあり、その後はわずか1勝。結果ばかりを求めて、肝心の自分の持ち味を見失ってしまいました。しかし、彼が一回り大きくなるには、ここを乗り越えなくてはなりません。

 壁を打破するには、しっかり自分のピッチングに磨きをかけることです。彼には「試合に向けた調整は必要ない」と話をしています。試合のことは考えず、とにかく毎日投げて練習する。NPBのピッチャーのように試合に合わせて練習量をコントロールする必要は全くありません。結果が出ていないのですから、今まで通りの練習では成長しないことを自覚し、レベルアップを図ってほしいと感じています。

 その点で安里が参考にしてほしいのは広島から派遣された永川光浩です。NPBから来ただけあって、取り組みはまじめで練習熱心。同じく派遣された香川の山野恭介と比較すると結果は出ていませんが、登板を重ねれば伸びてくると見ています。

 彼の課題は武器になるものがないこと。左腕というアドバンテージがありながら、ストレートも変化球もごく普通です。また制球力もいいとは言えません。後期は中継ぎでより大事な場面で投げてもらう方針です。打者と勝負するなかで、「これで抑える」というものをぜひつかんでほしいと願っています。