[テコンドー]
笠原江梨香<後編>「すべては“証明”のために」

 パーン! バシン! ミットを叩く乾いた音が体育館に鳴り響く。大東文化大学テコンドー部の笠原江梨香は、8月のロンドン五輪に向けて、日々特訓を重ねている。彼女を指導する同大テコンドー部監督の金井洋は、ミットを構えながら、様々な攻守のパターンを要求する。試合における多種多様な場面を想定して、その対処法を体に叩き込ませているのだ。

向上心、気迫で勝ち獲った五輪への切符

 金井は笠原に対し、「常に挑戦する気持ちを忘れるな」と説いている。それには大きな理由がある。金井は現役時代、1998年のタイ・バンコクでのアジア大会に出場し、ライト級で銅メダルを獲得した。翌年にはシドニー五輪の予選が控えており、彼はアジア大会での好成績でオリンピックへの手応えを感じていた。しかし、クロアチア・ポレチで行なわれた世界予選、そこで金井を待っていた結果は、男子68キロ級で初戦(2回戦)敗退――。アジアで掴んだ手応えは、世界を相手にして脆くも崩れ去った。その敗因を金井はこう語る。

「僕はメダルを獲って、“このまま頑張ろう”と思ってしまったんです。周りは、もっと上を目指しているのに、自分は現状を維持しようとした。“このまま頑張ろう”と思った瞬間から、後退がはじまっていたんです」

 この時の敗戦から学んだ教訓を今、金井は笠原への指導にいかしている。

 2010年11月、笠原は広州アジア大会で銀メダルを獲得した。次なるステップは五輪出場枠の獲得だった。さらなるレベルアップを図るため、大会後には管理栄養士、理学療法士、アスレティックトレーナーをつけ、サポート体制を強化した。そして専属練習パートナーには大東大テコンドー部のOB、作田武俊に依頼した。全体練習の際、通常では2人1組で、技を仕掛ける側、受ける側を交互に受け持つ。それが専属のパートナーをつけることにより、そのローテーションを省くことができ、休憩なしで練習を行なうことができる。つまり、他の部員と比べて、倍以上の練習量をこなすことができるのだ。これによって、技術だけではなく体力面の強化も図った。課された厳しい練習にも笠原は、“自分はもっとできる”“もっと成長できる”と、高い意識を持って取り組んでいる。こうした日々の積み重ねが自信の裏付けとなっていった。

 そして広州アジア大会から8カ月後、11年7月に笠原はアゼルバイジャン・バグーで行なわれたロンドン五輪世界予選に出場した。予選で3位以内に入れば、ロンドン五輪出場枠を獲得できる。笠原は幸先よくホンジュラス、カナダの選手に連勝し、準々決勝に進出した。その準々決勝では、世界女王・呉静鈺(中国)に挑んだ。過去2度敗れている呉を相手に、序盤はリードする。しかし、2ラウンド終盤に逆転を許し、結局2-10で3度目の敗北を喫した。同大会でアジア勢では、優勝した呉と3位に入った楊淑君(台湾)がロンドン五輪の出場枠を獲得。ベスト8の笠原はこの大会で五輪の出場枠を奪取することはできなかった。しかし、この年の世界選手権で優勝を争った2人が既に出場権を得たことにより、11月のアジア予選には“2強”が不在となる。同予選でも上位3名までに与えられるロンドン五輪出場枠獲得を目指す笠原にとって、願ってもないチャンスだった。

 バンコクでのアジア予選、笠原はインドネシアの選手に危なげなく9-4で快勝し、初戦(2回戦)を突破した。ロンドン五輪への出場枠獲得にあと一勝と迫った大一番の準決勝は、アテネ、北京両五輪に出場したテオ・エレイン(マレーシア)と対戦した。試合開始直後、笠原の左の中段蹴りがテオの脇腹にヒットし、わずか5秒で先制点を奪った。その後も着実にポイントを重ねながら、主導権を握った。8-5と3点リードで迎えた3ラウンドの終盤は、減点を覚悟の上で時間を稼ぎ、逃げ切りを図った。「空手をやってきた笠原にとって、下がることは“悪”だった」と金井は言う。それでも逃げ切りを選択した笠原にあったのは、 ロンドン五輪出場への執念だった。

 終了間際には、焦って向かってくる相手にカウンターの左蹴りを胴に一撃食らわした。9-6で勝利を収め、見事五輪の出場枠を獲得。試合終了のブザーが鳴った瞬間、笠原は両拳を握り、喜びを噛みしめるようにガッツポーズをした。決勝では地元タイの選手に敗れたものの、笠原は五輪への出場枠を手にすることで、その実力をはっきりと証明してみせた。そして、彼女の次なる挑戦のステージは、夢だったオリンピックに決定した。