[テコンドー]
笠原江梨香<前編>「真摯な姿勢の美しき武道家」

 凛とした立ち姿が、ひとり際立っていた。今年2月26日、全日本選手権の開会式を控え、その表情はリラックスしつつも、彼女の背筋はピンと真っすぐ伸びていた。大東文化大学テコンドー部の笠原江梨香。ロンドン五輪の女子49キロ級日本代表に内定し、シドニー以来のメダル獲得が期待されるテコンドー界のニューヒロインである。

 3連覇に挑んだ今回の全日本選手権は、笠原にとってオリンピック代表内定後、初の大きな舞台となった。彼女への期待の表れであろう、会場には多くの報道陣が詰めかけていた。並の選手なら押し潰されかねない様々な“視線”が注がれる中、笠原はプレッシャーを感じていなかったのか。

「これだけたくさんのメディアの方に囲まれたのは、初めての体験だったので、すごく緊張しました。でも、試合では普段通り、1戦1戦、全力で戦うことに集中しました」

 その言葉通り、笠原は軽快なステップを踏み、多彩な技を繰り出した。コートに立つ彼女は水を得た魚のように、躍動していた。 

強さの源は、真摯な姿勢 

 シード選手のため、2回戦から登場した笠原は、その初戦、1ラウンド目から流れるような連続攻撃で10ポイントを奪い、111で優勢勝ちを収めた。準決勝は対戦相手の棄権による不戦勝。迎えた決勝ではジュニアのホープ・大谷侑路(尼崎テコンドークラブAMA)を10-0と寄せ付けず、危なげなく勝利を手にした。対戦した大谷も「攻撃した後、次の攻撃に移るまでが速かった」と女王のスピードに舌を巻くほど笠原の実力は抜きんでていた。大会通算4度目の優勝を果たした笠原は、49キロ級において今や国内で無敵の存在だ。

 総合格闘家を目指し、日々トレーニング中の作田武俊は現在、笠原の専属練習パートナーを務めている。作田は彼女の強さについて、「スピードとパワーが女子のレベルじゃないですね。男子と比べても遜色のないレベルだと思います」と証言する。現役時代は全日本選手権で3度の準優勝を誇る作田でさえ、その能力の高さには驚くという。

 素質を持っていても、それを発揮できない選手もいる。だが、笠原は違う。全日本テコンドー協会の広報委員長を務める小池隆仁は、「(崩そうとしても)崩れない、非常にバランスのいい選手。女子にはなかなかいないタイプですね」と高く評価する。小池は東京憲守会の会長も兼ねており、国内の大会では、対戦相手のセコンドとして笠原に対する策を講じることもある。そんな小池の目にも、彼女のブレない強さは際立って映った。