[サッカー]
大野俊三「W杯最終予選、最大の収穫」

 この結果は上出来と言えるでしょう。先月からスタートしたブラジルW杯最終予選、日本は最初のヤマ場である3連戦を2勝1分で終え、勝ち点7を獲得しました。日本とオマーン以外の国は1試合消化が少ないとはいえ、2位との勝ち点差は5。グループで上位2カ国がW杯出場を決める現状のシステムでは、上位国との勝ち点差を考えなくてはなりません。今後、他国は日本と対戦する時、さらに勝ち点差を広げられないよう慎重に戦わざるを得なくなってくるでしょう。日本としては、上位にいれば他国の勝敗を気にする必要はありません。その意味で、いいアドバンテージが得られたと感じています。

 では、なぜ日本は勝ち点7を得ることができたのか。それは、3試合を通して、「しっかり守ってから、タテに速く攻める」というベクトルがチーム全体で一致していたからです。特に際立っていた点として、サイドからの崩しがあげられます。今回の3連戦、多くのチャンスがサイド攻撃から生まれたものでした。

進化したサイド攻撃

 理想的だったのがオマーン戦での先制点のシーンです。左サイドでのショートカウンターから、最後は本田圭佑(CSKAモスクワ)がゴール。この攻撃に、私は日本の成長を感じました。なぜなら、サイド攻撃におけるクロスの選択肢が増えていたからです。

 そもそも、サイド攻撃がなぜ有効なのか。それはゴール前で守るDFが、ボールとマークする選手を同じ視野でとらえることができないからです。サイドから崩し、クロスをあげることで、相手DFはゴールへ向かう攻撃の選手への対応が遅れ、プレッシャーが弱まります。当然、クロスに合わせられる確率が上がるというわけです。DFの立場からしてみれば、クロスの受け手がひとりならば、まだ何とかなりますが、2人、3人とゴール前に顔を出すと、守りが非常に難しくなります。

 オマーン戦での得点シーンでは、左サイドバックの長友佑都(インテル)が抜け出し、クロスを上げています。この時、長友にはさまざまなプレーを選べる状態にありました。ファーサイドの本田のみならず、ニアサイドの岡崎慎司(シュツットガルト)、少しマイナス気味に前田遼一(磐田)へボールを出すこともできました。さらに言えば、中に切り込んでシュートを打つこともできたのです。

 ここに今までの日本との大きな違いがあります。これまでの日本は、クロスをあげる際の選択肢は多くても2つほどしかありませんでした。ゴール前には人数は揃っていてもポジショニングが重なってしまい、ボールを供給するポイントが限定されるケースが少なくなかったからです。

 しかし、この場面ではボールを出せる味方が少なくとも3人いました。オマーン側からみれば、長友がどこへクロスをあげるか判断に迷ったことでしょう。だから、PA内にGKを含めて7人の選手を揃えていたにもかかわらず、ほぼ何も対応できないまま失点してしまったのです。いくら相手が守りを固めていたとしても、サイド攻撃から前線でのポジショニングを工夫すれば、シュートチャンスは格段に増える。これを実践できたのは、日本にとって大きな収穫だったと思います。

 このゴールをきっかけに、日本はオマーンに3得点をあげて快勝しました。日本の選手たちは、これまで積み上げてきたタテに攻めるサッカーに大きな自信を抱いたことでしょう。これが、次のヨルダン戦の大勝(6-0)につながったと私は考えています。この試合も早い時間帯にセットプレーから先制点を奪いました。相手が違っても、自分たちのサッカーを貫けば結果が出る。オマーン戦で得た自信が確信に変わったはずです。