[ボクシング]
村田諒太(東洋大職員)<Vol.2>「恩師に捧げるリング」

武元先生との出会い

 これまで133試合のキャリアを誇る村田の両拳はナックルの部分が大きく膨らんでいる。これこそが激戦を乗り越えてきた何よりの証だ。よく見ると右手の中指は第一関節は中へ折れ曲がったままになっている。
「2年前に試合で痛めました。腱が切れてしまって指が真っすぐにならなくなってしまったんです」

 さらに中指の甲に近い関節は一部が凹んでいた。こちらは高校時代、骨折したことによるものだという。骨が折れたまま試合に出たため、変形してくっついてしまった。

 ボクシングを始めたのは先生に反抗した一言がきっかけだった。中学1年の時、若気の至りで髪を染めて登校した。もちろん先生からはひどく叱られた。
「オマエ、何か他にやることないんか!」
「あぁ、ならボクシングくらいやったるわ!」

 このやりとりが村田のその後を決めたのだから人生は不思議なものだ。ちょうど通っていた中学の近くにボクシングの強豪、奈良工業高(現・奈良朱雀高)があった。先生は早速、連絡をとり、練習参加を申し込んだのだ。
「走り込みばかりでキツかった。陸上部かと思いましたよ」

 しかし、同時に拳ひとつで闘う競技の魅力にもとりつかれた。当時の奈良工業高には後に世界チャンピオンになる名城信男(六島)がおり、ボクシング部は活気にあふれていた。
「マスボクシングも少しやらせてもらって、すごく楽しかったんです。ボコボコにされましたが(笑)」

 中2の夏休みにも奈良工業高の練習に参加し、中3からは大阪にある進光ジムに通った。そこで日本ジュニアウェルター(現スーパーライト)級王座を10度防衛した桑田弘トレーナーに勧められ、高校は南京都を選ぶ。桑田は南京都高のOBでもあった。

 15歳のボクシング少年は、ここで人生最大の出会いを果たす。南京都高のボクシング顧問・武元前川だ。
「先生は厳しい方でしたが、その指導を通じて可能性は誰にでも広がっていることを伝えてくれました。ボクシングをやっていることに誇りを持たせてくれましたね」

 武元の指導もあり、村田はメキメキと頭角を現す。2年時から選抜大会、インターハイ、国体を総ナメし、最上級生になった翌年も選抜大会とインターハイを制覇。国体の出場権を逃し、粟生隆寛(現WBCスーパーフェザー級王者)に続く史上2人目(当時)の高校6冠こそならなかったが、日本のアマチュアボクシング界に、その名前は広く知られるようになった。