[MLB]
佐野慈紀「松坂大輔、ステップアップの兆し」

 松坂大輔投手(レッドソックス)が、ヒジの手術を経て、約1年ぶりにメジャーリーグのマウンドに戻ってきました。25日現在、3試合に先発登板し、0勝2敗、防御率6.06と、残念ながらまだ勝利を挙げることができていませんが、それでも1試合目より2試合目、2試合目よりも3試合目と、徐々に内容は良くなってきています。特に3試合目の登板となった22日のマーリンズ戦は、初回こそコントロールが安定せず、3失点とバタバタしてしまいましたが、2回から4回までは3イニング連続で三者凡退と、松坂投手自身もある程度、手応えをつかんだのではないでしょうか。今は徐々にステップアップしている段階と言っていいと思います。

 現在の状態としては、6~7割程度のピッチングといったところではないでしょうか。150キロ台をマークするなど、スピードは出ていますが、腕の振りは本来のものではありません。今後、もっと体のキレが出てくれば、腕の振りもよくなってくるでしょうから、さらにいいピッチングが見れることでしょう。

 見る限りでは肩やヒジに関してはほぼ100%に近い状態で、特に心配はないと思います。しかし、状態のいい上半身に対して、まだ下半身がついてきていません。その上下のギャップが、腰の回転と腕の振りとのタイミングのズレを生じさせているのです。日本とは異なり、メジャーのマウンドは硬いこともありますので、股関節の柔らかさを含めた下半身の粘りが重要です。腕だけで投げている現在でさえも150キロをマークしているわけですから、下半身から体全体を使って投げられるようになれば、リリースの後のフォロースルーもしっかりと取れるようになり、球持ちがよくなることでさらなるスピードアップが見込めるはずです。