スポーツ

二宮清純レポート
三浦大輔 38歳・横浜DeNAベイスターズ
男はいかにして「成りあがる」べきか

2012年06月29日(金) 週刊現代
週刊現代

 高校時代の三浦を最もよく知る当時の監督・山下善啓(現部長)にも三浦が「すごいボール」を投げた記憶はない。

「本人は〝高校時代に140km/hは出ていた〟と言い張ってましたが、私には130km/h台のボールにしか見えませんでした。

 それでもコントロールは良かったので高2の終わり頃から、ちらほらとスカウトは来ていました。ある練習試合で、スカウトが一斉にスピードガンを構えたところ、なんと初球を暴投した。〝何してんねん!〟と怒ると、〝スピードガンが見えたから力んだ〟って。〝オマエがプロに行くために試合をやってんじゃないんだ!〟と叱り飛ばしたことがあります。とにかく目立ちたがり屋なのでスカウトが来るとロクなことがなかった(笑)」

 スカウトの中でも、無名校のエースに最も熱い視線を注いでいたのが大洋の高松延次だった。

「一番気に入ったのはケツ、腰回りの大きさです。バッティングの後の走塁を見ると、ケツがブルンブルン左右に揺れていた。これはいいケツしているなと・・・・・・。

 私はキャッチャー出身ですが、プロで活躍するピッチャーは例外なくケツがでかいんです。女性で言えば安産型。〝これは伸びるかもしれない〟とひらめいたんです」

 '92年、ドラフト6位で入団。1位は現在、アリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属する斎藤隆だった。

「僕はプロ野球選手になれるんだったら何位でもいいと思っていました。ただ、ひとつだけ小さな希望がありました。できたらセ・リーグの球団に行きたいと。テレビに映る機会が多いですから(笑)」

 ハマの番長、根っからの目立ちたがり屋なのだ。

「己を知りなさい」

 トレードマークであるリーゼントヘアにしたのはプロに入ってからだ。エルビス・プレスリーや矢沢永吉に憧れたことに加え、自らをアピールするしたたかな狙いもあった。

 人気劇画「ビー・バップ・ハイスクール」の影響もあったのだろう。髪型から「番長」と呼ばれ始めた。

「ある時、街を歩いていると小さな女の子からも〝番長〟と声を掛けられたんです。あっ、そこまで知れ渡っているんだったら、これを利用しない手はないと・・・・・・」

 なにしろドラフト6位なのだ。〝雑草〟も同然である。目立たなければコーチから声もかからない。

previous page
3
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間