全角度取材「家計崩壊に備えよ」 次は復興増税!あなたの預金が狙われている

2012年06月27日(水) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

 前出・中村氏もこう警鐘を鳴らす。

「最近になってひそかに語られているのが年金所得者への課税強化です。年金所得にはいま公的年金等控除というものがあり、たとえば240万円の年金所得者だと所得税と住民税を合わせて約10万円を納めている。ただ控除が半分に縮小された場合、納税額が約20万円になり倍近くの増税になる。

 政府は明らかに預金を大量に持っている中高年層への課税強化が念頭にある。年金所得控除の縮小は今後5年以内には行われると思っています」

 預金を取り崩しながら税金を払う人も出てくるだろう。日本はいつから、こんな国になってしまったのだろうか。

「週刊現代」2012年6月29日号より

前へ 1 2 3 4 5

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ