俳句を事業とした文芸界の大立て者、
高浜虚子---その人生の広大さ
近代の俳人Vol.2

vol.1はこちらをご覧ください。

 正岡子規は、まがう事なく近代俳句の祖である。

 けれども、現在に至る---俳句人口一千万人ともいわれる---隆盛を産んだのは、高浜虚子であった。

高浜虚子 旧・丸ビルにあった俳句雑誌『ホトトギス』発行所で、虚子(1874~1959)が佇む

 虚子は、近代俳人のなかでも屈指の名人である。

 第一人者である、と云ってもさほど異議は起こらないだろう。

 虚子は俳句を作ることだけに、満足する事はなかった。

 俳句は、虚子にとって事業であった。

 師である正岡子規が死んだ後も、虚子は『ホトトギス』を発行し続けた。

 夏目漱石に連載を依頼し、『吾輩は猫である』をベストセラーにした事は、文学史のエポックとなった。もっとも虚子としては、漱石が大作家になるという目算はなく、旧師子規の親友で、いつも鬱いでいる漱石に、気晴らしにでもなるか、というぐらいの心持ちだったのだろうが。

弟子に冷徹な評言を、憚ることなく浴びせた

 村上鬼城、原石鼎、水原秋桜子、山口誓子、前田普羅、飯田蛇笏、高野素十、富安風生、山口青邨、川端茅舎、中村草田男、星野立子、杉田久女・・・・・・虚子門下の俳人は、枚挙に暇がない。

 種田山頭火、尾崎放哉などの自由律俳人を除けば、近代俳句の系譜と拡がりは、ほぼ虚子の膝下から出たものだといってもいいだろう。