経済の死角

寄付金が11億円を突破、石原慎太郎都知事が衆議院で吠えた前日、地元・石垣島の漁船14隻が大挙出動した! 尖閣諸島に集結した漁師たちの思い

2012年06月24日(日) フライデー
friday
upperline
出航前、海上保安官たちは船上で、乗員名簿と「漁師見習い」の乗組員を照合した(6月9日、石垣島)〔PHOTO〕船元康子(以下同)

 石垣島を出航した漁船「第八みちたけ丸」は、時折、降る雨を受けながら、荒波を進んだ。遠くに点滅する光は、台湾籍のマグロ漁船だ。漁船の一群は、その島々が「日本」であると中国、そして日本政府に向けて声を上げた---。

「(中国が)自分たちの大事な家に強盗に入ると宣言しているんだから、戸締まりをしない国が、世界中のどこにあるんですか!」。都の予算で尖閣諸島を買う構想を明らかにした石原慎太郎都知事(79)が、6月11日の衆院決算行政監視委員会に参考人として出席し、こう憤った。中国共産党の機関紙『人民日報』が「(尖閣諸島の)領有権は核心的利益」と表現したことに強く反応したのだ。「今日の時点で寄付金は11億円。日本人は捨てたもんじゃない」とも発言した。

次ページ  この2日前、6月9日の夜、沖…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事