[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「将来楽しみ、大石大二郎ジュニア」

山崎、野原が勝てない原因

 前期は大幅な負け越しが決定(6月19日現在、6勝22敗5分)し、苦しい戦いとなってしまいました。敗因は一言で言えば“軸”の不在です。投手では吉川岳が肩の故障で離脱。野手では4番を打っていたキース・ブラックオー、ショートの西本泰承が米国独立リーグに移籍してしまいました。ケガ人も発生して、戦力的に厳しかったのが正直なところです。

 2009年に独立リーグ日本一に輝いた時は打線が少ないチャンスをモノにし、中盤までにリードして逃げ切る野球ができていました。ところが、今季はなかなか先行できず、中盤以降に投手陣が崩れて負けるパターンが多いですね。チャンスはつくってもあと1本が出ない。ピンチで踏ん張りきれない。そんな悪循環に陥っています。

 ただ、ここまで負けが込んでしまったのは、代わりに軸となるべき選手が軒並み不調だったことが挙げられます。投手では昨季11勝をあげた山崎慎一郎が未だに白星なしの0勝7敗。実績のある野原慎二郎も1勝6敗と勝てません。

 結果が出ない理由ははっきりしています。まず山崎に関してはインコースを使い切れていません。彼はシュートとスライダーで打者を打ち取るのが持ち味の右腕。しかし、今季は生命線であるインコースを突けていません。バッターは胸元にボールがこなければ、どんどん踏み込んで打ってきます。立ち上がりは球威で抑えられても、2打席目、3打席目と試合が進むにつれ、つかまってしまうのです。

 これまでは負けても先発で起用していましたが、いくら育成の独立リーグとはいえ、結果も残さなくてはいけません。少し本人にも危機感を持ってほしいと17日の愛媛戦では中継ぎで起用しました。2イニングをゼロに抑え、好内容でしたから、これをきっかけに自分の投球を見つめ直し、昨季のように白星を重ねてほしいものです。

 野原は制球に悩んでいます。もともとコントロールはいいタイプではありませんが、今季はいい時と悪い時の波が激しいです。2アウトから急に崩れたり、2ストライクと追い込んでからボールを連発したり……。本人も何とかしたいとの思いは持っていますから、吉田豊彦コーチも含めて原因を追究し、早い復調を望んでいます。

 野手では開幕から5番を任せてきた曽我翔太朗が低打率(.208)にあえいでいます。更なるレベルアップを図ろうと試行錯誤した結果、それが逆にスイングをおかしくしてしまっているようです。こちらからもアドバイスをしながら、打率3割をマークした昨季なみのバッティングを復活させたいと思っています。