社会

メディア・マスコミ
ハゲタカファンドから実業家に転売され「オーナーが自己利益のために意見を表明する場」となった米地方紙。その実態は日本の大新聞と瓜二つ!?
どこかの誰かとそっくり(?)なメディア王ルパート・マードック 〔PHOTO〕gettyimages

 メキシコと国境を接するカリフォルニア州サンディエゴ。ここで発行される唯一の日刊紙UTサンディエゴ(旧サンディエゴ・ユニオン・トリビューン)が激震に見舞われている。数年でオーナー(社主)が2度も入れ替わり、紙面内容が様変わりしているのだ。

 新聞社がまるで商品のように売買されるアメリカ。それと比べると日本の新聞界は別世界のようだ。オーナーが入れ替わることはめったになく、経営は安定している。「経営の独立性=編集の独立性」と見なす経営者は多い。だが、経営側の意向を反映して紙面が編集されるという点では、実はUTサンディエゴとそっくりだ。

 まずはUTサンディエゴの過去数年を振り返っておこう。

 1928年以来のオーナーであるコプリー家が2009年、同紙の売却に踏み切った。買い手は、機関投資家や富裕個人から資金を預かって運用する買収ファンド「プラチナム・エクイティ」。買収ファンドは、日本のメディア業界では「ハゲタカファンド」と毛嫌いされがちだ。

 2年後の2011年、プラチナム・エクイティは同紙を転売した。今度の買い手は、サンディエゴの不動産業者ダグラス・マンチェスターだ。サンディエゴ市内に高くそびえる高級ホテル「サンディエゴ・マリオット・マーキス&マリーナ」を所有している実業家である。