[トライアスロン]
白戸太朗「常滑市の熱い1日」

長時間のレースだけにゴールの喜びもひとしお

 日本最大規模のトライアスロン大会「アイアンマン70.3 セントレア常滑Japan」が6月24日に開催される。約1700人の参加者が、スイム1.9㎞、バイク(自転車)90.1㎞、ラン21.1km に挑むのだ。トップ選手でもフィニッシュタイムは4時間。制限時間8時間の長い戦いで、愛知県常滑市がトライアスロン一色に染まる。

 トライアスロンは現在国内に約280大会あり、ここ数年は増加傾向にある。しかしこの規模の参加者が、街中を走る大会というのはほとんどなく、代表的なものは横浜市で開催されている「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」と、この「アイアンマン70.3」くらい。その横浜大会は、参加者総数1400人、競技距離が「オリンピックディスタンス」と言われる長さ(スイム1.5㎞、バイク40㎞、ラン10㎞)で、コースも街中の一部を周回する設定となっている。

地域のサポートが必須

アイアンマンレースのスタート

 しかし、この常滑の場合は距離が長いのはもちろんバイクコースが完全に街を取り囲むような設定で、街すべてがトライアスロンモードにならざるを得ない状況となっている。そのために、主催者である行政を中心に住民への説明が必須だ。何十回という説明会を各所で根気強く開催し、その成果か住民の間でこのスポーツに対する認知度は高い。大会後の住民に行ったアンケートでも8割以上が開催に対して前向きな意見を残している。そんな状況だからこそ、ここまで街を取り込んでの開催が可能というわけだ。

裏方の支えがあって大会は成立する

 トライアスロン大会ではまず道路使用に関して、一般交通や地元住民との調整が問題となる。これに関しては常滑において上記のように少しずつ相互理解を深めてきている。さらにもう一つは、ボランティアの問題がある。大会は受付からコース上まで多くの人手が必要であり、それをボランティアで補っているケースがほとんど。つまり選手が頑張れる裏側には多くの人の支えがあるのだ。この常滑ではボランティア総数1400人。この人たちがいくつかの役割を担って頑張ってくれているため、延べ人数では軽く2000人を超えてしまう。通常このような大きなイベントの場合は、自治会や婦人会などの団体に依頼をし、組織動員をかけるというケースが多い。そうしなければまとまった数を集めることが難しいからである。しかし、この常滑の場合は組織動員ゼロ。基本的には公募のみで集められているというから驚きだ。