[近代五種]
山中詩乃(自衛隊体育学校)<Vol.2>「タイムカプセルに埋めた夢」

 小さい頃は五輪に出るのが夢だった。10歳の時にテレビで見た2000年のシドニー五輪。女子マラソンで金メダルを獲った高橋尚子に憧れた。「五輪に出る」。小学校時代につくったタイムカプセルには大きな夢を詰め込んだ。

「走ると体にキレがある」

 山中が最初に取り組んだスポーツは水泳だった。幼稚園から地元のクラブに通って泳いだ。中学校でも水泳部に所属した。転機はそこで訪れる。当時の陸上部の監督に誘われ、駅伝大会に出場することになったのだ。水の中で培われた持久力がいき、陸の上でも実力を発揮。3年時には県の中学駅伝優勝に貢献した。

「細くて小さい子だなというのが第一印象でした。でも走らすと体にキレを感じましたね」

 そう当時を振り返るのは高知・山田高陸上部の永田克久監督だ。同校は昨年まで22年連続で全国高校女子駅伝に出場を果たしている強豪である。進学した山中は寮生活を送りながら、朝から晩まで練習に励んだ。

「寮は3人部屋だったので大変でした。ツラくて泣いたこともあります。でも練習は自分が強くなるためのもの。厳しくても耐えられました」

 1年生から頭角を現したが、成長期の体が悲鳴をあげたのかケガや病気に悩まされた。1年の全国高校駅伝では足の甲を疲労骨折。メンバーに入れなかった。2年時にはウイルス感染で熱を出し、1カ月ほど練習ができなかった。

「先生、ちょっといいですか」。山中が永田に1対1で面談の機会を求めたのは、その頃だった。
「状況から考えて、“私はもうムリです。辞めます”と言ってくると思いました。何と言って励まそうかと……」