世界経済 EU
泥沼のギリシャ、スペインから金蔓にされながら逆恨みされるドイツ国民の憂鬱
ついにメルケル首相もお手上げモード?〔PHOTO〕gettyimages

 6月17日、ギリシャの運命が決まる。この選挙で本当に急進左翼のSyrizaが勝てば、ギリシャのユーロ圏離脱がほぼ確実になる。Syrizaは、自分たちが政権を取ったなら、今までの借金はすべて踏み倒すと息巻いている。また、今後、緊縮政策や改革についての文書には一切署名しないとも。ただ、ユーロ圏には残りたい意向。

 しかし、そうはいかないだろう。規則を守らなければ、メンバーから外れなければいけないのは自明の理。それでも多くの国民はSyrizuを支持しているらしいから、ギリシャ国民の決意は固い?

 さて、ギリシャがユーロ圏を離脱すればどうなるか? この1、2年、地獄のようなシナリオが語られ続けてきた。だから、それを防ぐために何が何でもギリシャを守らねばならなかったはずなのに、今、俄かに空気が変わっている。「ここまで説得してもギリシャ国民がユーロ圏離脱を望むのなら、それはやむを得ない」というふうになってきたのだ。ひょっとすると、ギリシャが離脱しても、他の国には被害が及ばないような対策が、急速に整いつつあるのかもしれない。

 イギリスで、ギリシャの旧通貨であったドラクマの印刷の用意が進んでいるという噂もある。本当にギリシャがユーロを離れれば、おそらく政府には新紙幣印刷の余裕はなく、クーポン券のようなもので代替する可能性がある。そうなると、国民が勝手に偽クーポンを印刷するだろうから、混乱がさらに深まる。それなら、まともなお札の印刷だけでもお手伝いしましょう、ということか? 

それでもSyrizuを選ぶのか?

 とはいえ、どうすれば、ユーロをドラクマに切り替えられるのかが、よくわからない。これは日本に置き換えれば、鹿児島が円の経済圏から離れ、通貨をシロクマに変えるというのと同じだ。シロクマは円よりも格段弱い通貨になるはずだ。だから、私だったら、銀行が機能しているうちに慌てて円を下ろし、県境が閉鎖されないうちに慌てて県外へ出て、信用できそうな親戚か友人に円を預かってもらうだろう。たいていのギリシャ人も、おそらくすでにそうしているはずだ。

 さらに財力のある人なら、スイスやリヒテンシュタインあたりの秘密口座を利用するだろう。実際、ギリシャ人がEU内で不動産を買っているという話も聞く。そういえば、1948年のドイツで、突然、旧マルクが新マルクに切り替えられ、国民の虎の子が紙くずになった時も、不動産を所有していた人だけは、被害を免れた。通貨の信用が落ちれば、信用できるのは物だ。ちなみに、当時、マルクの切り替えは極秘のうちに計画され、あらゆる抜け駆けを防ぐため、一夜にして行われた。

 ということは、ギリシャがユーロ圏を離脱するときも、きっと一夜のうちだ。金曜か土曜の夜に発表し、全銀行口座を凍結し、同時に国境警備を強化して、ユーロを持ち出せないようにする。つまり、事前にヨーロの国外持ち出しを果たせなかった国民は、大損をする。国債は紙くずになり、銀行は倒産し、預金は失われる。

 そして、月曜からユーロとドラクマの換金が始まる。そのとき、手持ちのユーロを隠しておいて、あとでユーロ圏に持ち出そうという人間が現れないよう、ユーロ圏の通貨も一斉に新しいデザインになる。こうして、ギリシャは貧乏国に転落。ギリシャ国民は、それでもSyrizuを選ぼうというのだろうか。精神力だけでやっていけるのだろうか。

 彼らのEU指導部に対する憎悪はたぎっている。特にドイツ、それもメルケル首相に対する憎悪。冷酷非道な緊縮財政を強要した張本人がメルケル首相だという理屈。まさにSyriza党は、この憎悪を原動力に票を集めた。メルケル氏にナチの制服を着せたカリカチュアがギリシャの雑誌で出回っていたが、あまりにもひどい。逆恨みとはこのことだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら