フィルター付きベントも防潮堤もないのに「事故を防止できる対策と対応は整っています」と大飯原発再稼動に踏み切る野田首相。
政治と官僚の迷走、ここに極まれり!

大飯原発再稼動の方針を発表した野田首相〔PHOTO〕gettyimages

 関西電力・大飯原発3、4号機の再稼働が秒読み状態になった。今回の再稼働は多くの点で「先に結論ありき」の乱暴な決定だが、肝心の安全面に絞って問題点を詰めておきたい。まず6月8日の野田佳彦首相の演説をふりかえる。野田はこう述べていた。

「福島を襲ったような地震、津波が起こっても事故を防止できる対策と体制は整っています。これまでに得られた知見を最大限に生かし、万が一、すべての電源が失われるような事態においても、炉心損傷に至らないことが確認されています。これまで1年以上の時間をかけ、IAEA(国際原子力機関)や原子力安全委員会を含め、専門家による40回以上にわたる公開の議論を通じて得られた知見を、慎重には慎重を重ねて積み上げ、安全性を確認した結果であります。

 もちろん、安全基準にこれで絶対というものはございません。最新の知見に照らして、常に見直していかなければならないというのが、東京電力福島原発事故の大きな教訓の一つでございます。そのため、最新の知見に基づく30項目の対策を、新たな規制機関の下での法制化を先取りして、期限を区切って、実施するよう電力会社に求めています」(読売新聞6月9日付による)

 一国の首相にこうまではっきりと断言されると、さすがに「総理が嘘は言わないだろう」と思ってしまうだろう。ところが、これは最初の結論がデタラメである。5月25日付けコラムで「シロアリ発言」の嘘を指摘したが、それに匹敵するといっても過言ではない。

仕方なく保安員の対策をフレームアップ

 まず、上の演説はそもそも自己矛盾に陥っている。野田は前段で「事故を防止できる対策と体制は整っています」と言いながら、すぐ後段では「安全基準に絶対はない」として「最新の知見に基づく30項目の対策を期限を区切って実施するよう電力会社に求めている」と述べている。典型的な自家撞着だ。